FC2ブログ

Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

ラブコメ映画お勧めランキング ベスト10決定版!!

0   0


 


わすれないうちに上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!



人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村






もう。。。。!


3年もgooブログを利用している私になんの相談もなくアンケートを採るから、こんな結果に!


今日は辛口だぞ!


 


これまでに観たラブコメ映画のNo.1ランキング













100

プリティ・ウーマン












19.3

ユー・ガット・メール












19.0

ブリジット・ジョーンズの日記












18.7

メリーに首ったけ












17.0

ニューヨークの恋人












14.4

猟奇的な彼女












12.5

ノッティングヒルの恋人












6.9

恋人たちの予感












6.6

キューティ・ブロンド












5.2

ラブ・アクチュアリー

1位のプリティ・ウーマンは、まあ、歴史に残る作品だからしょうがないのかもしれません。



はあ、ジュリロバの魅力全開!ですが、はっきり言って映画としては超一流ってことないし(僕は、男ミーツ娼婦って話、嫌い)、だいたい、恋愛映画だけど、コメディじゃないでしょ?いっこも笑うところないでしょう!?


 




これを入れていいなら、「ローマの休日」を入れてほしい。



全世界の恋人が、この「真実の口」に手を入れたがった!


「タイタニック」を観てから、恋人がどっか先っぽに行って後ろから抱きしめるのと同じ(笑)


 


 


でも、7位「ノッティング・ヒルの恋人」と二つを制したジュリア・ロバーツ、さすがです。



 




さて、ラブコメの女王、メグ・ライアン!


出演作品が、2位「ユー・ガット・メール」



 


5位「ニューヨークの恋人」



 


8位「恋人達の予感」と3本入ったのはさすがですが、もちろん、歴史に残る大傑作「恋人達の予感」こそがベスト10入りの資格があるといえます。



向こうのおばちゃん、メグ・ライアンの「アノ時の顔」をしげしげ見過ぎ!(爆)


あとで「あの二人と同じ物頂戴!」と注文します。


 


 


たとえば、トム・ハンクスとの共演は3本あるのですが、その中で一番下らないのが「ユー・ガット・メール」。ただのAOLの宣伝映画やん。


やはり、二人の作品では、「めぐり逢えたら」が最高でした。



ケイリー・グラントとデボラ・カーの「めぐり逢い」をモチーフにしています。


 




さて、ラブコメの帝王と言えるのは、イギリスのヒュー・グラント。はずれがないのがすごい!


彼の作品も、これまた大傑作の3位「ブリジット・ジョーンズの日記」(冒頭の写真は主演のレニー・ゼルウィガー)を含め、


7位「ノッティング・ヒルの恋人」



 


10位「ラブ・アクチュアリー」が入っていて、




 




映画としては、「フォー・ウェディング」のほうがあとの二つよりは上な気もするけれど、これらみんな僕も大好きなので許しちゃおう。



 



ヒュー・グラントと新ラブコメ女王ドリュー・バリモアちゃんの「ラブソングができるまで」なんてのもありました。




 


 


4位の「メリーに首ったけ」は凄いです。ラブじゃなくて、むしろドタバタコメディですが、これはしょっぱなから最後まで見所満載で、一見の価値ありです。何度もひっくり返りそうになります。



キャメロン・ディアスがつけてるジェル(汗)が何で出来ているかは決して言えません。。。。。


 


 


新ラブコメの女王?リース・ウィザスプーンの「キューティ・ブロンド」はまあまあかな。



 




しかし、アダム・サンドラーとドリュー・バリモアちゃんの「ウェディング・シンガー」と「50回目のファーストキス」を入れないなんて、信じられません。


ドリューちゃんが最高に可愛らしくて、泣きながら歌うサンドラーが最高の「ウェディング・シンガー」





 


展開、早い早い!


再びアダム・サンドラーと組んで、しかも、ラブコメ史上に残る最高クラスのラストシーンが待っている「50回目のファーストキス」





 



人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 




 


愛が実を結ぶには仲間の友情が大切!


冒頭の写真にもある「ブリジッド・ジョーンズの日記」の良き友人達。



 


僕が選ぶとしたら、愛し合うのは男女だけじゃない!


名優ケビン・クラインの「イン&アウト」



 


古典を忘れるな!オードリーの魅力全開で、オシャレすぎる「ティファニーで朝食を」



 


このモテない男の破壊力を見よ!「40歳の童貞男」




 


サンドラ・ブロックの「あなたが寝てる間に」も可愛かったです。。。。。あの頃は(笑)。




 


ご存じ「スクールオブロック」のジャック・ブラックなら、「ホリディ」よりグウィネスが思い切った演技?の「愛しのローズマリー」でしょう。



ちょっと肥えたグゥイネス・パルトロウ(笑)


 


 


ビル・マーレーの「恋のデジャ・ビュー」も単なるラブコメの範疇に収まりきらない、人生を考えさせる名作でした。



 


 


ラブロマンスと言えば、やっぱり、イタリア人って最高!「月の輝く夜に」






「愛しのロクサーヌ」


ダリル・ハンナが超キュート!スティーブ・マーティンの大人の恋愛映画。もちろん、原作?はシェークスピア。



 


ウディ・アレンとダイアン・キートンの大人のラブコメ古典「アニー・ホール」


男ってほんとに七面倒くさい!(笑)



 


今回、自分の青春時代以前の映画は入れなかったのですが、もはやラブコメという言葉では語りたくないのが、「ローマの休日」とか「アパートの鍵貸します」などです。


「ローマの休日」は恋愛映画。


「アパートの鍵貸します」は人情喜劇、ですね。


共に映画史上に残る最高傑作です。是非ご覧ください。



ニューヨークのさる大保険会社の一平社員バクスター、通称バド(ジャック・レモン)は、野望に燃える青年である。勿論出世のことである。その方法は、4人の課長にアパートの鍵を貸すだけで充分だった。4人はアパートをせっせと愛用し、バドの昇給にせっせと尽力した。そこに人事部長のシェルドレイク氏(フレッド・マクマレイ)も加わった。部長のよろめきの御相手は会社のエレベーター嬢フラン(シャーリー・マクレーン)。バドはこの丸ぽちゃで適当にグラマーのフランに片想いしていたので、少なからずショックだった・・・。


 




 


では、いよいよラブコメ映画ベスト10の発表です!


ああ、入れ替えて入れ替えて、至福の時でした!


私が選ぶ、洋画・笑えて泣ける・ちゃんとラブありコメディあり 観ないと損するベスト10!


0 ローマの休日


 アパートの鍵貸します


1 恋人たちの予感


2 ブリジット・ジョーンズの日記


3 ティファニーで朝食を


4 50回目のファーストキス


5 めぐり逢えたら


6 月の輝く夜に


7 アニー・ホール


8 恋のデ・ジャ・ビュー


9 ラブ・アクチュアリー


10 メリーに首ったけ


次点  


イン&アウト


ウェディング・シンガー


愛しのローズマリー 


40歳の童貞男   


愛しのロクサーヌ


 


 


うっひゃあ、楽しかった!


ご静聴、ありがとうございました!!


 


ラブコメ最高!と思われた方は


是非上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!



人気ブログランキングへ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/1539-6634c5e4
該当の記事は見つかりませんでした。