Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

橋下市長の「全ては憲法9条が原因だと思っています」のトンデモ論理 国民をなめてる維新八策に騙されるな

0   0


 


橋下大阪市長は、従来リベラルと言われた層にも手を突っ込もうとしているのだと思います。


沖縄普天間基地県外移設だとか、関西電力に対する脱原発依存株主提案だとか、リベラル派が喜ぶような口約束も、ちりばめています。大阪市の予算でも子育て重視など、なんとなくリベラルっぽい政策も入れてはいるわけです。


しかし、橋下維新の会の本質は自由と人権の蹂躙にあります。


それは、教育基本条例や職員アンケート問題、職員メール盗み見問題などで明らかでしょう。


ワタミの会長を教育担当の特別顧問にし、教育は2万%強制と言い切る彼らに愛もヒューマニズムもありません。


橋下維新の会はオワコン 大阪市職員2万3000人分のメール無断調査は通信の秘密侵害で憲法違反


究極の偽善者 ワタミの渡邊美樹社長 女性新入社員過労自殺の労災認定にも全く反省せず暴言ツイート



 


 


ところで、橋下維新の会代表の昨日2012年2月24日のツイートから、ちょっとしたブームが起きているそうです。


「世界では自らの命を落としてでも難題に立ち向かわなければならない事態が多数ある。しかし、日本では、震災直後にあれだけ「頑張ろう日本」「頑張ろう東北」「絆」と叫ばれていたのに、がれき処理になったら一斉に拒絶。全ては憲法9条が原因だと思っています。」




この末尾の「全ては憲法9条が原因だと思っています」の飛躍ぶりが受けて


「あたいの胸が小さいのも全ては憲法9条が原因だと思っています」
「オレの頭の毛が薄いのも全ては憲法9条が原因だと思っています。」
「私がモテないのはどう考えても全ては憲法9条が原因だと思っています!」
「確定申告の準備が遅れてるのは憲法9条が原因。」


といったツイートが連発されたのだとかw


がれき処理が進まないのは、原発事故が起きたからです。放射線の問題がなければ9条とともに66年歩んできた全国民も、喜んで受け入れることができるのです。また、がれきの放射線量が安全だという政府が信じられないという不信感がこの問題の根本にあります。


国民をなめてはいけません。


また、この人の脱原発が偽物である事もはっきりしました。


瓦礫処理問題については私も一言書きましたが、瓦礫処理問題の根本はこれまでの原発推進政策にあります。


がれき処理が進まないのは9条のせいというのが、胸が小さいのが9条のせいというのに匹敵するトンデモ飛躍だと、気づく国民はまだ健全だと信じていいのかな。


 


大阪市の橋下市長は、2月24日、このトンデモツイートを受けて、記者団に対する話の中で、今後の日本の安全保障政策を決めるためにも、憲法9条の改正の是非を問う、国民投票を実施すべきだという考えを明らかにしました。


この中で、橋下市長は、憲法9条の改正の是非を「維新八策」に盛り込むかどうかについては、「国に関わる問題であり、一政治集団が、ああだこうだと決めるわけではなく、国民に決めてもらう領域だ」と述べています。


これは笑ってしまうと言うか、首相公選制だとか参議院廃止だとか、すべて憲法を変えないと出来ない国の統治の根本変革です。それはすでに主張しておいて、憲法9条だけ、「国に関わる問題」だから、自分たちには決められないなんて、そんなの政党と言えません。


自主憲法制定を綱領でうたっている自民党の方が、よほど正々堂々としていると言えるでしょう。


橋下維新の会は、9条の会など、護憲勢力という「寝た子」を起こしたくないのでしょう。




しかし、橋下市長は、憲法9条について、「集団的自衛権をはじめとする、ありとあらゆる安全保障の考え方の根源は、憲法9条の価値観にあり、国民がどういう方向を取るのか確定しないと、安全保障の議論はできない」と、述べました。


そのうえで、「憲法9条については、一定期間を区切って大議論し、国民投票で右か左か方向性を示すことを、日本人全体で決めなければならないときにきている」と述べ、今後の日本の安全保障政策を決めるためにも、憲法9条の改正の是非を問う国民投票を実施すべきだという考えを明らかにしているのです。


国民投票をするなら、国会で憲法「改正」案を出して、総議員の3分の2以上の多数で可決したときには国民投票にかけるという憲法の規定がすでにあるのですから、それによるべきです。そうでなくて国民投票したって法的には何の意味もないのですから。


世界で一例も実際に行っている国がない、イスラエルでも失敗した首相公選制など、維新の会の言っていることは、本気とは思えないことばかりです。


普天間基地県外移設なんて、民主党がそれで「爆死」した状態なのに、どうやって実現するというのか。かつて橋下氏が知事として放言したままの「関西空港への普天間誘致」を公約するなら見ものですが。


憲法改正を何度もしないとできない公約ばかり掲げる橋下維新の会は、ただ賞味期限が切れる前に目立ちたい、勢力を伸ばしたいと言うだけで、実はやる気や信念がありそうでないわけです。






やりたいことは、自分に反対する者たちをなぎ倒したいだけ。


大衆受けを狙って公務員や学者や新聞には牙をむくが、テレビ界の重鎮にはこびへつらう。公約は「受ける」ことが主眼にあって、やるべきかどうか、どころか、やれるかどうかは度外視。


それが橋下大阪市長の本質です。


橋下市長は記者団に9条は「他人を助ける際に嫌なこと、危険なことはやらないという価値観。国民が(今の)9条を選ぶなら僕は別のところに住もうと思う」と述べているのですから、実際には、ゴリゴリの改憲派で、「国民投票」の中で、改憲派としてガンガン活動することは明らかです。


橋下維新の会はリベラル層を分断して、より広範な支持を得ようとしていますが、自由と人権と平和を大切にしたい人々は、決して騙されてはいけないと思います。


なめられてはいけません。


 


 


ブログランキングのクリックが少ないのも全ては憲法9条が原因だと思っています。


よろしかったら、上下ともクリックをしてくださると大変嬉しいです。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング  


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


 


 


 





 大阪維新の会代表の橋下徹・大阪市長は24日、戦争の放棄をうたった憲法9条の改正について「一定期間議論して、日本人全体で決めなければいけな い」と述べ、2年かけて国民的議論をした上で、国民投票を実施すべきだとの考えを明らかにした。次期衆院選の政権公約となる「船中八策」に、9条改正に関 する国民投票の実施を盛り込む方針だ。


 橋下市長は記者団に9条は「他人を助ける際に嫌なこと、危険なことはやらないという価値観。国民が(今の)9条を選ぶなら僕は別のところに住もうと思う」と述べた。


 また、消費増税については「今のような社会、年金、医療保険システムが前提なら、砂漠に水をまくようなものだ。抜本的に社会システムを変え、どこから税を取るかという話をしないといけない」と述べ、慎重な姿勢を示した。【原田啓之】




毎日新聞 2012年2月25日 東京朝刊




 

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/1555-40ced007
該当の記事は見つかりませんでした。