FC2ブログ

Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

小沢一郎民主党元代表の党員資格停止処分解除は当然 しかし、復権するなら国会で証人喚問に応じるべきだ

0   0


 


民主党は2012年5月7日の党役員会で、政治資金規正法違反事件で東京地裁から無罪判決を受けた小沢一郎元代表について、党員資格停止処分を解除することを了承 し、5月8日の常任幹事会で10日付の処分解除を正式決定します。


もともと、この処分は「判決確定まで」となっていたそうで、前原誠司同党政調会長は「日本は3審制だ。途中で処分内容を変 更するのはどうか」と控訴されるかを見極めるよう主張したそうです。


でもね、疑わしきは罰せず=推定無罪は世界の刑事法の大原則です。一審で無罪判決が出たら、犯罪成立がこれほど疑わしいことはないわけですから、日本でもアメリカのように検察側の控訴を認めるべきではないんですよ、もともと。この事件に限らず。


だから、有罪率99・9%の日本の刑事裁判で無罪判決が出た(つまり無罪は1000件に1件の僥倖の人呼んで「暗黒司法」である)以上、そりゃあ、党員資格停止処分は解除すべきなんです。


下のような世論調査結果も出ていますが、このような世論調査自体が小沢氏の足を引っ張るのが目的としか思えませんね。市民も無罪判決でもまだ目が覚めないようですが、マスコミの世論誘導の呪縛からそろそろ解放されて欲しいものです。



毎日新聞 2012年05月07日 23時29分



 毎日新聞の全国世論調査で、政治資金規正法違反事件で東京地裁から無罪判決を受けた民主党の小沢一郎元代表に対する党員資格停止処分について「解除する必要はない」と答えた人が53%と過半数を占めた。「解除すべきだ」は40%だった。民主支持層でも「解除すべきだ」(49%)と、「解除する必要はない」(48%)が拮抗(きっこう)。民主党は7日の党役員会で元代表の処分解除を了承したが、早期の見直しに慎重な民意がうかがえる結果となった。








もともと、この事件は微罪で、起訴するのがおかしい事件でした。


私は、検察審査会の二度の起訴相当決議でこの事件が強制起訴となった時、小沢氏が党員資格停止となり、民主党代表選挙にも出られないとなったときに、まあ、なんて恐ろしい制度を作ってしまったんだろうと思いました。


マスコミで叩かれ、不人気の人はすぐにこういう目に遭うことになりかねないわけですから。今回の事件なんかも人民裁判のそしりを免れないと思います。


小沢一郎氏・陸山会事件は不起訴にすべき事件だった。検察審査会の強制起訴は人民裁判であってはならない


しかも、裁判では、虚偽内容の捜査報告書でっち上げだの、脅迫まがいの秘書らへの取り調べで多くの取調調書が任意性に疑いありとされるなど、違法捜査のオンパレードが明らかになりました。


取り調べ全面可視化は絶対必要!小沢裁判で調書一部不採用 佐賀国賠で検事の接見交通権侵害で弁護士勝訴 




(人気あるのかなあ)


 


 


今回の無罪判決を限りなく黒に近い灰色、などと表現してなんとか小沢氏をおとしめようとする向きもありますが、共謀の認識がない可能性があり、無罪、ということは、共謀共同正犯に関しては完全に無罪ということですからね。疑わしきは罰せずなんですから。


刑事事件については、無罪判決が出た人を黒に近いなどと言って足を引っ張ることは法律学的には許されません。


しかし、政治責任はまた別の問題です。法的責任と政治責任はきっちり分けて論じなければなりません。


今回の無罪判決ではしゃいでいる小沢支持の人たちもどうかしていると思います。


小沢氏への判決も政治資金収支報告書の虚偽記載があったことを認め、その動機は小沢氏から資金が出ていたことを隠すためだと指摘しました。


小沢氏は秘書から政治資金収支報告について報告を受け了承していたが、虚偽記載について「共謀」まではなかったというのが、今回の無罪判決の論理です。


つまり、共謀以外の構成要件該当事実はことごとく認定されたといっていいわけです。


もちろん、裁判所が認定したからと言って真実だとは限りません。そこを説明するのが説明責任であり、政治責任です。小沢氏はこの事件発覚後、一回も国会で説明していません。小沢氏が国会での証人喚問に応じ、疑惑に答えるのは当然です。


小沢氏は完全復権し、民主党代表選挙にも出ようと考えているのなら、この問題を国会で説明すべきです。


小沢一郎被告人の国会での証人喚問は三権分立に反しない 国民の知る権利のために必ず実現するべきだ



BLOGOS 「小沢被告に無罪」より。ちょっとキショクないですか)






そもそも、どうして、いまだに小沢氏に期待するリベラル派が多いのか理解できません。


もともと、記者会見での偉そうな態度を見ても分かるように、彼は有数の非民主主義的な政治家でしょう。小選挙区制導入の主犯ですし、湾岸戦争での90億ドル支出なんかを見てもとても人権重視とは言えない。


小沢一郎民主党元代表 湾岸戦争・小選挙区制・TPP・陸山会事件 政界にいる価値も資格もない


消費税増税反対では頼りになりそうで、その一点で、野田首相よりは数等マシだと私も思いますが、震災が起こっても東北出身の政治家としてまるで動かないし、脱原発にしてもTPPにしても旗幟不鮮明な、宿便みたいな政治家です(たとえが汚くて申し訳ないですが)。


橋下大阪市長みたいな、決断と行動が早い(だけの)政治家が受けている時代に、小沢氏はリーダーになる目はもうないと思いますね。


まあ、そこは評価が分かれるかもしれませんが、少なくとも、一国の宰相を再び目指すのなら、主権者たる国民に政治家が説明責任を果たして判断材料を十分与える、という民主主義の基本に立ち戻って、国会で説明するべきです。


ニコニコ動画で話したり、取り巻きのフリージャーナリスト達に記者会見するだけでは、国民に「説明」したことにはならないのです。



 


 


 


もう一度言いますが、法的責任と政治責任は別です。ある意味、政治責任の方が厳しい。。。


よろしかったら、上下ともクリックして頂けると大変嬉しいです!  


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村



関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/1609-3e202f19
該当の記事は見つかりませんでした。