FC2ブログ

Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

安倍自民党政権は野田民主党政権の劣化版 自爆解散は密約による政権禅譲だったのか

0   0


 


 野田首相がすれば大敗するとわかっている解散をするのかしないのか、まだ判然としなかった2012年11月9日、私はこう書きました。


野田首相は、環太平洋連携協定(TPP)の交渉参加を年内にも正式表明する方向で調整に入りました。TPP参加に慎重な自民党との対立軸になると判断しているそうで、衆院選で争点としたい考えだそうで、まさかの年内解散も視野に入れているようです


(中略)


脱原発に慎重な自民党と、原発ゼロを対立軸に解散するならいいけれど、TPPを軸に したら、まだしも慎重な自民党の方がマシっていう選挙になるじゃないですか。それも、支持率が10%代の今、解散なんかしたら、民主党の議席数は二ケタに なってしまいますよ。これは燃え尽きどころか、自爆テロ炎上解散です。


(中略)


 いやあ、野田民主党政権は、最後の最後まで国民軽視で、アメリカと財界だけに尻尾を振りまくるトンデモ内閣でした。物凄いものを見てしまったなあ。ひょっとしたら、石原・橋下ラインの選挙態勢が整わないうちに解散しちゃおうということかもしれませんが、それにしても党利党略です。


 とにかく民主党の仲間をほとんど落選させても、野田さんは最後の最後まで財界とアメリカと官僚のいい子ちゃんだったから、鳩山さんや菅さんより総理大臣を辞めてもなにかと厚遇されるんでしょうねえ。


 むちゃくちゃな政治家がいたもんです。こんな人が内閣総理大臣でいるよりは、早く解散したらいいわ、もう。次に安倍ちゃんが総理大臣になっても、来年夏までには必ず馬脚を現すので、また参議院選挙で負けてねじれ現象になって、立ち行かなくなるでしょう。


TPP参加表明を花道に玉砕解散する野田佳彦首相はアメリカ・財界・官僚盲従の戦後最悪の総理の一人だった





そして、同じ記事に追伸として以下のように書いたのです。


追伸


どうも、野田首相と安倍総裁で、すでに解散について話し合いができているのではないでしょうか。特例公債法案だけは通せと、勝栄二郎前財務省事務次官あたりが民主・自民両党にハッパをかけたとか。野党党首が「もっともっと太陽が降り注ぐ」だなんてなんだか変です。




安倍総裁「来週は最高潮、もっと太陽降り注ぐ」


 自民党の安倍総裁は9日、東京都内での会合であいさつし、衆院解散の環境を整えるために野田政権に協力する「太陽路線」につい て、「一両日は、もっともっと太陽が降り注ぐ。来週はいよいよ衆院予算委員会、党首討論とクライマックスを迎える」と述べ、法案処理で譲歩を重ね、首相に 解散を迫る考えを強調した。


(2012年11月9日20時25分  読売新聞)




TPP参加表明は、タイミングからして、アメリカと日本の財界が圧力をかけたにちがいありません。だいたい、自民党もTPPは反対じゃないし、これが選挙の争点になるってのが不可解。




日本のTPP交渉参加を強く支持 日米財界人会議


日米の経営者ら約200人が参加した日米財界人会議は9日、日本の環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加を強く支持することなどを盛り込んだ共同声明を採択し、2日間の日程を終えた。


(朝日新聞 2012年11月9日20時17分)




どうも、なにか裏取引がある気がします。すっきりしません。なれ合い解散なんじゃないかな。





 そして、この直後に野田首相は本当に解散し、12月には自民党が総選挙で圧勝して安倍政権が生まれたのはご存じのとおりです。それ以来、安倍政権のやっていることは異様な金融緩和以外は、野田民主党の焼き直しばかりです。アベノミクスと言っても、円安なんかも野田政権末期から始まっていましたし、株高もアメリカの復調など世界経済の影響が大きいです。


 TPP参加、集団的自衛権法制化、消費税増税の準備、マイナンバー法、子育て新システム、原発再稼動と原発輸出などなど。安倍内閣の政策のほとんどは野田政権のそれの焼き直しです。


 安倍ファンは民主党政権が打破され、安倍自民党になってよかったよかったと言っていますが、やっていることは野田民主党とちっとも変らないのです。改憲と靖国・歴史認識の問題の分、劣化した縮小再生版ともいえるでしょう。


 決して陰謀論というわけではありませんので、担当官庁と官僚が継続している以上、政策がガラッと変わるわけではないとはいえ、自民党から民主党に切り替わった時にはあれほど大胆に政策変更があったのに、改憲と金融緩和以外、民主党から自民党に代わってもまるっきり政策変更がないというのがいかにも不自然です。


 まあ、野田政権が最悪だったということもあり、民主党が出せるはずの良さが何もなかったともいえます。しかし、どうも野田前首相は民主党をぶっ潰して、安倍自民党にバトンを渡すつもりだった気がします。だとすると、野田さんという人は民主党を裏切って売った凄い権謀術数の人ということになります。


 その意向を知らされた安倍氏は、だからこそ、野田政権の末期に太陽を降り注いだのではないでしょうか。


 とにかく、これでは政権の禅譲です。安倍ファンもアンチもそのことに気付いていないような気がします。何かの力が働いた。それが果たして財務省なのか、アメリカなのか、わかりませんが。


 


 


今のところ仮説ですが、意外とありそうな話だと思われませんか?


よろしかったら大変ご面倒とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/1954-7bb1f469
該当の記事は見つかりませんでした。