Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

「慰安婦」は必要だったという橋下氏に侵略をわびる気持ちも資格もない

0   0


 上下ともクリックしてくださると大変うれしいです。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 


 


これは2013年5月14日にアップした記事ですが、やはり、「従軍慰安婦」=戦時性奴隷の問題は、読者の皆さんの関心が高いようで、アクセス数も多く、1年半経った今もコメント欄で熱心な議論が続いていますので、あらためてアップいたします。


 


 思わず目を疑いました。


 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は2013年5月13日、太平洋戦争下の「従軍慰安婦」制度について


「韓国とかいろんなところが宣伝し、欧米社会に『日本はレイプ国家だ』とみられている」


「暴行、脅迫をして拉致した事実 は裏付けられていない」


「銃弾の雨嵐のごとく飛び交うなかで、命かけて走っていく時に、猛者集団といいますか、精神的にもたかぶっている、そういう集団、やっぱりどこか休息じゃないけれども、そういうことをさせてあげようと思ったら、慰安婦制度は必要というのは誰だって分かるわけです」


「世界各国が持っていた。なぜ日本だけが取り上げられるのか」


「当時は軍の規律を維持するために必要だった」


 と言い募ったというのです。


中曽根元首相も関与した「慰安婦」強制を安倍総裁と橋下市長が否定すべく河野談話を破棄しようとしている




 戦前の妄執に囚われた石原慎太郎氏ならともかく、橋下氏はこの日の午前も午後も同趣旨のことを言ったというのですから、普通の政治家なら政治生命を失う致命的な発言です。しかし、私が政治の天才と呼んだ逃げ切りの天才ですから、逃げ切られてしまうかもしれません。しかし、そんなことでいいのでしょうか。


 たとえば、日本が中国に侵略して満州国をでっち上げ、中国各地で戦闘しているときに、「慰安婦」とされたのは中国の女性の方々ばかりではありません。地元の中国の方はもちろん、日本の方、朝鮮の方など、方々から集められて「慰安婦」にされたのです。多くが10代の女性です。


 暴力と借金、そしてなにより見ず知らずの異国の土地で逃げるに逃げられない少女たちが毎日毎日、10人も20人も客を取らされる。客といえば響きがいいですが、要は日本軍兵士たちに毎日毎日強姦されるのです。そこに合意などありません。


 だから、英語ではセックス・スレイブ、性的奴隷と呼ぶのです。


「従軍慰安婦」は「慰安婦」ではなく、まさに「強制的な性的奴隷(enforced sex slaves)」だ




 戦争をする兵士たちが休息するのに「慰安婦」が必要かどうかなんて知りませんよ。そんなものなくても戦争してきた軍隊もごまんといます。が、問題はそこではなくて、他人を性奴隷にしておいて、それが必要だったから理解できるという言いぐさはなんということでしょうか。生き残った彼女たちをまたも犯すのが、こういうセカンドレイプと言われる発言です。


 怒りよりも悲しくて仕方ありません。


 橋下氏は一方で


「実際に多大な苦痛と損害を周辺諸国に与えたことも間違いない。反省とおわびはしなければいけない」


というのですが、ここのどこに反省とおわびがあるでしょうか。また、彼は


「慰安婦は戦争の悲劇の結果だ。心情を理解し優しく配慮することが必要だ」


と述べて、近々来日される「慰安婦」の生き残りの方々とお会いしたいと述べたそうです。しかし、上のようなことを言っておいて、優しく配慮することが必要だなどと発言する神経が異常です。たぶん、すでに老人となられた彼女らは傷つけられるのを恐れて、会ってはくださらないでしょう。





 さらに、橋下氏は大型連休初めに沖縄県の米軍普天間飛行場を視察した際に、在日米軍幹部に対し


「海兵隊の猛者の性的エネルギーを解消できない」


との理由で風俗業者の活用を求めたと明かしました。


 この女性蔑視、沖縄蔑視はどうでしょうか。「慰安婦」発言と同時にこんなことをいうのは、沖縄の風俗で働く女性に「慰安婦」=性的奴隷の役をしろといっているようなものではないですか。


 橋下氏は、性的奴隷を使って米軍兵士を「慰め」「休息」させるしか、米軍兵士による度重なる犯罪をなくす方策を持たないのでしょうか。彼は、


「日本の慰安婦問題だけが世界的に取り上げられるのか。日本は「レイプ国家」だと、国をあげて強制的に慰安婦を拉致し、職業に就かせたと世界は非難している」


と問題視するのですが、それは彼や石原氏や安倍氏のような歴史修正主義者が妄言を吐くからなのです。


池田信夫氏に見る「従軍慰安婦」強制性を否定する歴史修正主義




 最近の人気低落に焦って目立とうとしたのでしょうが、その無知無能無策を責めるより、彼個人のその貧困で卑しい魂が癒され、人生の真実に目覚めることを今日は祈りたいと思います。もう、今の彼に何かを期待して責めても仕方がない。


 そして、日本に住むすべての人は、この発言をこのままにしないように。自己の人間性のすべてを賭けて、他人を奴隷にしても浮かび上がるという発想にノーを、女性を踏みつけにして「休息」するという制度にノーを突きつけていただきたいと思います。


 


 


今日ばかりは本当に気持ちが沈みますが、よろしかったら大変ご面倒とは存じますが、


今日はぜひとも上下ともクリックしてくださると大変うれしいです。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


 


 





 日本維新の会橋下徹共同代表の13日の発言要旨は次のとおり。


【午前】


 侵略の定義について学術上、きちんと定義がないことは安倍首相が言われているとおりだが、日本は敗戦国。敗戦の結果として侵略だということはしっかりと受け止めないといけない。実際に多大な苦痛と損害を周辺諸国に与えたことも間違いない。反省とおわびはしなければいけない。


 ただ、事実と違うことで日本国が不当に侮辱を受けていることにはしっかりと主張しなければいけない。


 なぜ日本の慰安婦問題だけが世界的に取り上げられるのか。日本は「レイプ国家」だと、国をあげて強制的に慰安婦を拉致し、職業に就かせたと世界は非難している。その点についてはやっぱり、違うところは違うと言わないといけない。


 意に反して慰安婦になってしまった方は、戦争の悲劇の結果でもある。戦争の責任は日本国にもある。心情をしっかりと理解して、優しく配慮していくことが必要だ。


 当時は日本だけじゃなくいろんな軍で慰安婦制度を活用していた。あれだけ銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、そんな猛者集団と いうか、精神的にも高ぶっている集団は、どこかで休息をさせてあげようと思ったら慰安婦制度は必要なのはこれは誰だってわかる。


 ただ、日本国が、韓国とかいろんなところの宣伝の効果があって、レイプ国家だと見られてしまっている。ここが一番問題。証拠が出てくれば認めなきゃいけないが、今のところ2007年の(第1次安倍内閣の)閣議決定ではそういう証拠がないとなっている。そこはしっかり言っていかなきゃいけない。


【午後】


 慰安婦制度じゃなくても、風俗業っていうものは必要だと思う。だから沖縄の海兵隊普天間に行ったとき、司令官に「もっと風俗業を 活用してほしい」と言った。司令官は凍り付いたように苦笑いになって「米軍ではオフリミッツ(出入り禁止)だ」と。(ぼくは)「そんな建前みたいなことを 言うからおかしくなるんですよ。法律の範囲内で認められている中で、いわゆるそういう性的なエネルギーを合法的に解消できる場所は日本にあるわけだから、 もっと真正面からそういう所を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをきちんとコントロールできない」と言った。(司令官からは)「行くなと通達を出しているし、これ以上この話はやめよう」と打ち切られた。


 兵士なんていうのは、命を落とすかも分からない極限の状況まで追い込まれるような任務のわけで、どっかで発散するとか、そういうことはしっかり考えないといけない。建前論ばかりでは人間社会は回らない。


 (慰安婦制度は)朝鮮戦争の時もあった。沖縄占領時代だって、日本人の女性が米軍基地の周辺でそういうところに携わっていた。良いか悪いかは別で、あったのは間違いない。戦争責任の一環としてそういう女性たちに配慮しなければいけないが、そういう仕事があったことまでは否定できない。


 歴史をひもといたら、いろんな戦争で、勝った側が負けた側をレイプするだのなんだのっていうのは、山ほどある。そういうのを抑えていくためには、一定の 慰安婦みたいな制度が必要だったのも厳然たる事実だ。そんな中で、なぜ日本が世界から非難されているのかを、日本国民は知っておかないといけない。 




 2013年5月14日 朝日新聞


 


「もっと風俗活用を」と橋下氏 凍り付く沖縄の米軍司令官


2013.5.13 19:31 (1/2ページ)west政治


 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は13日夕、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)を視察し同飛行場の司令官と面会した際に「もっと日本の風俗業を活用してほしい」と促していたことを明らかにした。「風俗業を活用してもらわないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーをコントロールできない」と伝えたというが、司令官は「米軍では禁止されている」などと取り合わなかったという。


 橋下氏は今月1日、同飛行場を視察。その際、司令官に「合法的に性的なエネルギーを解消できる場所が日本にはある」と述べた上で、海兵隊員に風俗業者を活用させるよう求めたという。橋下氏によると、司令官は凍り付いたような表情をみせ、「米軍では禁止の通達を出している。これ以上、この話はやめよう」と打ち切った。


 橋下氏は記者団に対して「(米兵による)事件が収まる因果関係があるようなものではないが、活用を真っ正面から認めないとダメ。兵士は命を落としかねない極限状況に追い込まれており、そのエネルギーを発散させることを考えないといけない」と述べた。


 橋下氏はこの日午前、戦時中の慰安婦制度について「必要なのは誰だって分かる」と発言。夕方、その発言について改めて言及した際、司令官とのやり取りを明らかにした。



 





 「慰安婦制度は必要」。戦時中の従軍慰安婦問題をめぐり、旧日本軍の強制性を示す証拠はないと主張する橋下徹日本維新の会共同代表が13日、また一歩踏み込んだ。沖縄の米軍司令官に「風俗業の活用」を促したとの発言も飛び出し、元慰安婦の支援団体のほか、現代史や女性の権利に詳しい専門家からも批判や疑問の声が上がった。


慰安婦問題、風俗業をめぐる橋下氏の発言要旨

    ◇


 「戦争遂行のために女性の性を利用するのは当たり前という発言で、女性を人間と見なしていない。こんな発言が通用すると考える感覚が、恐ろしい」。大阪市市民団体「日本軍『慰安婦』問題・関西ネットワーク」共同代表の方清子(パンチョンジャ)さん(58)は、橋下氏の発言に言葉を失った。


 同ネットワークは2009年から韓国の元慰安婦を招いて証言集会を開催。今月下旬にも金福童(キムポットン)さん(87)ら元慰安婦2人が大阪入りする。「旧日本軍による(慰安婦の)強制連行があったかどうか確たる証拠はない」と主張してきた橋下氏に面会を求め、実現する見通しだ。方さんは「元慰安婦の声を直接聞き、経験や思いに真摯(しんし)に向き合ってほしい」と話す。


 国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本の「慰安婦」問題チーム代表、山下明子さんは「発言は心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱えて生きている元慰安婦の方への拷問だ」と批判する。「政治の要職にある人が発言できる内容ではない」


 慰安婦にされた女性の被害や兵士らの加害証言を伝える「女たちの戦争と平和資料館」(東京)の渡辺美奈事務局長は、橋下氏の発言について「戦争中は強姦(ごうかん)、性奴隷は必要と言っているのと同じ」。「元慰安婦には優しい言葉をかけないといけない」という橋下氏の発言にも「単に責任を認めない態度」と憤る。


     ◇


 橋下市長が米軍司令官に「風俗業を活用して」と求めた発言でも、専門家からは批判の声が上がった。


 上野千鶴子立命館大学教授は「軍隊の女性に対する人権侵害や性暴力を容認するものだ。弁護士であり、首長である人間の発言とは思えない」。1995年に沖縄県で起きた米兵による少女暴行事件の際、「(犯行に使った)レンタカー代で女が買えたのに」と発言した米太平洋軍の司令官が責任を取って辞任した。上野教授は「女性の人権軽視は、当時と全く変わっていない」と指摘した。


 沖縄で活動する「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」の高里鈴代・共同代表は「沖縄の基地で性のはけ口が必要だから『風俗業はどうか』と勧めるとは。戦時の旧日本軍的な発想と同じだ」と憤る。「(橋下氏との会話を途中で遮った)米軍司令官の方がまともな神経をしている」と皮肉ったうえで、「そんなに言うなら大阪に海兵隊を誘致して(風俗業を)設置してみては」と批判した。


 沖縄で女性史を研究する宮城晴美さん(63)も、95年の司令官辞任を思い出したといい、「橋下氏は、その事実を知らないのでは。風俗の勧めを説いて、米司令官に苦笑されるとはみっともない。同じ日本人として恥ずかしい」と話した。


 宮城さんによると、1950年代、米兵によるレイプなどが横行した沖縄では、一般女性の被害を防ぐために「慰安所をつくろう」という運動があった。その結果、基地周辺に風俗施設が出来たものの、性暴力が減ることはなかった。


「女をあてがえば、それで問題は解決するという安直な考え方。そういう人権意識のない人を支える本土の空気が理解できない」と語った。 




 


維新・橋下氏が慰安婦是認発言=与野党から批判



 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は13日、旧日本軍による従軍慰安婦問題について、「慰安婦制度は必要だった」との認識を示した。
歴史認識をめぐる安倍晋三首相の言動が中韓両国などとの外交摩擦となっている中、慰安婦の存在を是認した橋下氏の発言に対し、与野党双方から批判の声が上がった。
  橋下氏は同日午前、大阪市役所で記者団に対し、「銃弾が雨・嵐のごとく飛び交う中で、命を懸けて走っていく時に、猛者集団、精神的に高ぶっている集団をど こかで休息させてあげようと思ったら、慰安婦制度が必要なのは誰だって分かる」と述べた。さらに、同日夕には「軍の規律を維持するため、当時は必要だっ た」と改めて記者団に持論を語った。
 維新の小沢鋭仁国 対委員長は、橋下氏が同時に侵略の事実を受け止めるべきだとする発言もしていることを踏まえ、「全体を通して聞いていただくことが重要だ」と釈明した。し かし、維新議員団幹部の1人は「歴史のタブーに触れる問題発言だ」と非難。別の幹部も「党の考えを代表したものではない」と火消しに躍起となった。
 一方、自民党幹部は「論外だ。致命的な発言になるだろう」と批判。民主党の海江田万里代表は「慰安婦制度は必要ない」と強調し、共産党の市田忠義書記局長は「戦慄(せんりつ)を覚えた。市長や党首の資格はない」と語った。 (時事通信 2013/05/13-20:26)



 



橋下氏 慰安婦必要の認識を重ねて示す


5月13日 20時57分 nhk

日本維新の会の橋下共同代表は、13日夜、大阪市で記者団に対し、いわゆる従軍慰安婦問題について、「いいか悪いかは別にして、軍の規律を維持するために当時は必要だった」と述べ、当時としては慰安婦の制度が必要だったという認識を重ねて示しました。


この中で橋下共同代表は、いわゆる従軍慰安婦問題について、「いいか悪いかは別にして、軍の規律を 維持するために当時は必要だった。戦争に勝った側が、負けた側を乱暴するという事実は山ほどあり、そういうものを抑えるためにも、慰安婦のような制度が必 要だったのは厳然たる事実だ」と述べ、当時としては、慰安婦の制度が必要だったという認識を重ねて示しました。
一方で橋下氏は、「慰安婦制度を、 すべて否定するとかすべて正当化するのはだめだ。戦争の悲劇で生まれたものだから、意に反して慰安婦となった方には配慮を持って接しなければならない。政 府が、拉致して暴行脅迫で無理矢理そういう仕事につけさせたと世界から非難されているのは、違うと言わなければいけないし、国を挙げて拉致したという証拠 が出てくれば、日本国として反省しなければいけない」と述べました。
また、橋下氏は、今月上旬に沖縄のアメリカ軍普天間基地を視察したことに関連 して、「海兵隊の性的なエネルギーを解消するために、司令官に対して、『もっと風俗業を活用してほしい』と言ったら、司令官は凍りついて、『禁止してい る』と言っていた。法律の範囲内の風俗業は認めないと、建前論ばかりでやっていたらだめだ」と述べました。


 


「慰安婦制度、必要だった」 維新・橋下氏、重ねて主張


2013/5/13 20:52 日本経済新聞


 日本維新の会の橋下徹共同代表は13日、旧日本軍の従軍慰安婦問題に関して「歴史を調べるといろんな軍で慰安婦制度が活用されていた。銃 弾が飛び交う中、猛者集団を休息させようとしたら必要なのは誰だって分かる」と述べた。「日本政府が暴行脅迫して拉致した事実は証拠に裏付けられていな い。ただ意に反して慰安婦になった人にはやさしく配慮しないといけない」とも語った。大阪市内で記者団の質問に答えた。




 発言には与野党から反発が出たが、橋下氏は同日夕にも記者団に真意を問われ「良しとするかどうかは別だ」としながらも「当時、軍の規律を維 持するには必要だった」との認識を重ねて表明。先に沖縄県の米軍普天間基地を視察した際に「司令官に『もっと風俗業を活用してほしい』と言った」とも明ら かにした。


 


橋下氏「慰安婦制度、必要なのは分かる」


 日本維新の会の橋下共同代表は13日午前、「過去の植民地支配と侵略」を謝罪した1995年の村山首相談話について、「敗戦の結果として侵略だと いうことはしっかりと受け止めないといけない。反省とおわびはしなければならない」と語った。安倍首相が「侵略の定義は定まっていない」と指摘したことに ついては、「首相の言うとおりだ」と理解を示した。大阪市役所で記者団に対して答えた。


 また、いわゆる従軍慰安婦問題について、「当時の歴史を調べると、いろんな軍で慰安婦制度を活用していた。銃弾の飛び交う場で命をかけて走ってい くときに、休息させてあげようと思ったら、慰安婦制度が必要なのは分かる」と指摘した。「日本は軍を使って国家として(慰安婦制度を)やっていたと批判を 受けているが、その点については違うと言わないといけない」とも述べた。


(2013年5月13日  読売新聞)

 



橋下代表「慰安婦必要だった」 軍による強制連行は否定






 その上で「周辺諸国に多大な苦痛と損害を与えた事実を受け止め、反省とおわびをしないといけない」とした。


 戦時中の慰安婦に関しては「あれだけ銃弾が飛び交う中、精神的に高ぶっている猛者集団に慰安婦制度が必要なのは誰だって分かる」と持論を展開する一方、「暴行、脅迫をして拉致した事実は裏付けられていない」とし、軍による強制連行を否定した。


 


上下ともクリックしてくださると大変うれしいです。


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/2075-047b7aec
該当の記事は見つかりませんでした。