大阪市をなくして五つの特別区を設けるいわゆる「大阪都構想」の住民投票で、どこまで有効と認めるのか。原則は「賛成」か「反対」と記した票のみだが、投票率にかかわらず結果は法的拘束力を持つ。一票でも多く反映させるため大阪市選挙管理委員会は難しい判断も迫られそうだ。



 投票用紙には「大阪市における特別区の設置」に「賛成」か「反対」のどちらかを書くと定められている。賛成が1票でも上回れば大阪市は特別区になり、同数か反対が上回れば大阪市は残る。市選管によると、ひらがなやカタカナでも有効になるが、それ以外のことを書くと原則すべて無効。「○」や「×」などの記号も認めないという。


 悩ましいのは、「絶対賛成」「猛反対」といった書き方だ。こうした記入が例外として認められるかどうか、市選管の担当者は「ミスリードにつながる可能性があるので明かせない」としつつ、「賛成か反対の意思が明確なら、できるだけ有効としたい」と話す。ただ、「賛成の反対」のように認定が難しいものは認めない方針。


 名古屋市議会の解散の是非が問われ、同じく「賛成」か「反対」の記入式だった2011年の名古屋市住民投票。市選管は「大賛成」「大反対」「不賛成」は有効という判断基準を定めた。無効票は投票総数の1・37%だった。


 大阪市選管は「せっかくの一票なので正確に記入を」と呼びかけ、チラシや公報などで「投票で他のことを記入すると無効」と注意を促している。(井上裕一)


 


 


大阪「都」構想の嘘とデメリットはここに!


橋下維新の会とハシズムシリーズ



 


 



 


 



 


 



 


 



 


 



 


 


興奮しすぎて余計なこと書かないでねw


よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村


Amazon タイムセール商品




 


 















「最も危険な政治家」橋下徹研究 孤独なポピュリストの原点―新潮45eBooklet
上原善広
新潮社

 「改革」と称して次々と奇策を繰り出し、それを疑問視するものは徹底的にやりこめる。チャパツの弁護士から政治家に転進し、自身の政党まで作り上げたこの人物は、いったい何に突き動かされているのか。そして彼の思想、行動力はどんな環境が育んできたのか。新潮45掲載時に大反響を呼び、いくつもの後追い記事を生んだ「橋下徹研究」の嚆矢。





「橋下徹」ニヒリズムの研究  森田実著  東洋経済新報社


 橋下徹―。彼は一体何者なのか。何を予期し、何を遂行し、何を具現化しようとしているのか。いかなる未来の到来を告げるものなのか。戦後政治を独自の炯眼で読み解いてきた著者が、その正体に切り込む。


 















大阪都構想が日本を破壊する (文春新書 1020)
藤井聡
文藝春秋

ご存知、橋下徹大阪市長の天敵、藤井聡京大教授による大阪市解体反対の最新刊。


 















どうなる大阪: 「都」になれない都構想
平松邦夫
せせらぎ出版

これもご存じ、橋下維新の会の宿敵、平松邦夫前大阪市長による大阪市解体反対の最新刊。


 















橋下徹 改革者か壊し屋か―大阪都構想のゆくえ (中公新書ラクレ)
吉富有治
中央公論新社

大谷昭宏事務所所属の気鋭のジャーナリストによる橋下ウォッチング最新刊。


 















雇用・暮らし・教育の再生の道―大阪都構想・カジノからの転換
森 裕之 (著), 梶 哲教 (著), 牧野 幸雄 (著), 大阪教職員組合 (著)
自治体研究社

本書は、橋下維新政治で破壊されてきた暮らし、教育、保育、文化を住民の手に取り戻し、市民共同の力で大阪の地域経済を雇用の安定で再生させる骨太の道をしめしています。


 



大阪市解体それでいいのですか?―大阪都構想 批判と対案―


冨田 宏治、 森 裕之。関西学院大教授らによる大阪解体分析、最新刊。自治体研究社刊。


 


 


「仮面の騎士」橋下徹 独裁支配の野望と罠 大阪の地方自治を考える会 講談社


 大阪、そして日本を破滅に導く恐怖専制の実態を決意の実名告発。「閉塞ニッポンを救う男」の実像は、「傲慢」「気紛れ」「無責任」―。連戦連勝の選挙戦の陰で露になる暴君の素顔を、部下たちがついに明かす。


 



橋下徹のカネと黒い人脈 (宝島NonfictionBooks) 宝島社


 サラ金業界などの財界アウトサイダー、食肉王ハンナンの浅田満をはじめとした関西アンダーグランドの面々……橋下人脈は徹頭徹尾、きな臭いのだ。週刊誌さえまだ気づいていない、時代の寵児の正体がここに明かされる! 橋下「大阪維新の会」は、一皮むけば旧態依然としてた利権屋集団、ブレーンから財界パトロンまでアウトサイダーの巣窟だったのだ。改革の旗手の仮面に隠された“ペテン"のカラクリを大胆に暴く!! 新しい告発ノンフィクションリシーズ「宝島NF」の最新刊。


 



橋下徹研究 産経新聞大阪社会部 産経新聞出版