FC2ブログ

Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

菅官房長官が中国からユネスコに出された文書を見てもいないのに、分担金を払わないぞと脅している件。

0   0


 


 菅官房長官は2015年10月13日午前の記者会見で、ユネスコ(国連教育・科学・文化機関)が世界記憶遺産に中国が申請した「南京大虐殺の文書」を登録したことに関し、ユネスコへの日本の分担金の停止や削減を検討する考えを示しました。


 その記者会見で、菅官房長官が断言した以下の内容に、わたくし、絶句しました。


「ユネスコの中というのは、秘匿、秘密の中で行われており、政府として、どんな文書が出ているのか見ることができていない。


 中国の関係機関から登録申請された文書が本物なのか、専門家の検証を受けておらず問題がある」


 


 


 菅官房長官としては、ユネスコの世界記憶遺産の決定が秘密に行われるという制度に欠陥があると言いたいのでしょうが、世界記憶遺産だけじゃなくて、ノーベル賞だって芥川賞だって、選考過程は秘密でしょ?


 それよりも、日本政府って、中国が出した文書がどんなものか見てもいない、本物か偽物かもわからないのに、ユネスコへの分担金・拠出金の削減や停止まで検討しているんですか!


 本物かもしれないのに、ユネスコに金を払わないかもしれないぞ!って国際社会に向けて公言しちゃってるってこと!?


 わたくし、てっきり、日本政府は中国が提出した文書に嘘が混じっているから抗議しているのかと思ってました。


 こんなん、もう、南京虐殺が世界記憶遺産になるのがとにかくけしからん!というだけじゃないですか。


 いやはや、あきれました。


 


こういうの、関西では「輩(やから)」って言うんですが、全国ではどうですか。


よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村




Amazon 社会・政治・法律


Amazon Kindle ベストセラー


Amazon タイムセール商品


 















南京事件 (岩波新書)
笠原十九司 著
岩波書店

日中戦争において、日本は当時の中国の首都、南京を激戦のすえ攻略した。このときに発生した、いわゆる「南京大虐殺」は重大な戦争犯罪として、いまも論議の的になっている。著者は、攻略戦の発端から説きおこし、外国人記録を含めた史料群を博捜し分析して、その全体像を描き出していく。現代史の焦点を衝く待望の歴史叙述。


 















「百人斬り競争」と南京事件―史実の解明から歴史対話へ
笠原十九司 著
大月書店

「百人斬り競争」を“賞賛”した時代があった。軍人はなぜ日本刀を携行したのか。「百人斬り」は可能か。「百人斬り競争」は創作記事か。文献史料を徹底的に検証し、歴史学の立場から「論争」に終止符を打つ。


 















南京の日本軍―南京大虐殺とその背景
藤原彰 著
大月書店

南京大虐殺から60年、日本国内では未だにこの事件の規模や内容、存在までをも疑う人が少なくない。本書は事実そのものを検証し、なぜその事実が起こったのかを解明する。事実を知りたい人に最適の一冊。


 


 



記憶遺産に南京事件 拠出金停止含め検討へ


10月13日 12時54分 NHK




 


菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、ユネスコ=国連教育科学文化機関が、旧日本軍が多くの中国人を殺害したなどとされる「南京事件」を巡る資料の「記憶遺産」への登録を決定したことについて、拠出金の支払い停止を含めて今後の対応を検討する考えを示しました。

 

ユネスコは、旧日本軍が多くの中国人を殺害したなどとされる「南京事件」を巡る資料を、「記憶遺産」に登録することを決定しました。これについて、菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、

「ユネスコの中というのは、秘匿、秘密の中で行われており、政府として、どんな文書が出ているのか見ることができていない。中国の関係機関から登録申請された文書が本物なのか、専門家の検証を受けておらず問題がある」

と指摘しました。


そのうえで、菅官房長官は「中国とわが国の意見が全く違う中で登録されたことは、中立・公正であるべき国際機関として問題がある。記憶遺産事業が政治的に利用されることのないよう、政府としては、事業の制度そのものの公明性・透明性というものを強く求めていきたい」と述べました。

 

そして、菅官房長官は、「わが国の拠出金については、支払いの停止等を含めて、あらゆる可能性の見直しを検討していきたい」と述べ、拠出金の支払い停止を含めて今後の対応を検討する考えを示しました。



文部科学相「授業での扱い慎重にならざるをえない」


馳文部科学大臣は閣議のあとの記者会見で、ユネスコ=国連教育科学文化機関の「記憶遺産」に、旧日本軍が多くの中国人を殺害したなどとされる「南京事件」を巡る資料が登録されたことについて、学校の授業で登録の事実を扱うことには慎重にならざるをえないという認識を示しました。


ユネスコ=国連教育科学文化機関は、旧日本軍が多くの中国人を殺害したなどとされる「南京事件」を巡る資料を「記憶遺産」に登録することを決定しました。

 

これについて、馳文部科学大臣は13日の閣議のあとの記者会見で「事実関係について双方の認識が違う場合には、双方の意見や申し入れをユネスコの事務局が公平・中立の立場で受け入れて対処することが重要だ。わが国の申し入れが十分に顧みられずに『南京事件』が『記憶遺産』に登録されたことは大変残念に思う」と述べました。


そのうえで馳大臣は「わが国としては『これはいかがなものか』と指摘していることが解決されるまでは、登録の内容について教育現場で取り扱うことには慎重にならざるをえない」と述べるとともに、ユネスコの事務局体制の改善を促す必要があるという認識を示しました。


 

 

 


菅氏「ユネスコ分担金停止も」…南京虐殺登録で



2015年10月13日 12時59分 読売新聞


 菅官房長官は13日午前の記者会見で、国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)が世界記憶遺産に中国が申請した「南京大虐殺の文書」を登録したことに関し、ユネスコへの日本の分担金の停止や削減を検討する考えを示した。


 菅氏はユネスコの審査過程を「秘匿、秘密の中で行われている。日本政府としてどんな文章が出ているかさえ見ることが出来ていない」と批判。制度改革を促す手段として「分担金の支払いの停止等を含め、あらゆる見直しを検討していきたい」と語った。


 菅氏は今回の登録について、「(南京で)非戦闘員の殺害や略奪行為があったことは否定できない。(中国が主張する30万人の犠牲者数について)政府として具体的な数の断定は困難だという立場だ」と述べた。ユネスコに対する日本の分担金(2014年)は約37億円。米国がパレスチナのユネスコ加盟に反発し、拠出金支払いを停止しているため、日本の分担率(約11%)は世界最大となっている。


2015年10月13日 12時59分 Copyright © The Yomiuri Shimbun






よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村




Amazon 社会・政治・法律


Amazon Kindle ベストセラー


Amazon タイムセール商品





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/2775-9f398f62
該当の記事は見つかりませんでした。