Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

公民権停止中の猪瀬直樹元都知事に、大阪府市特別顧問を依頼した松井大阪府知事の目はフシ穴か(笑)

1   0


 


 橋下維新の会とハシズムシリーズに比べると、ぐっと小さい規模になるはずの新シリーズです。


 2015年12月19日の夜、橋下徹氏とともに、安倍首相・菅官房長官と密談した松井一郎大阪府知事・おおさか維新の会新代表。


 その松井府知事が、前東京都知事の猪瀬直樹氏に、大阪府と大阪市の特別顧問への就任を打診し、猪瀬氏が受諾する意向を府市側に伝えたことが、2015年12月19日明らかにした。


 松井府知事は大阪の副首都化を目指しており、都知事を務めた猪瀬氏の知見を参考にする考えだそうで、猪瀬氏は28日付で特別顧問に就く見通しで、同日に開催される府市の「副首都推進本部」の初会合に出席する予定です。


 松井府知事って何を考えているのでしょう。



 


 だって、猪瀬氏って、副知事時代の2012年11月に、東京都知事選に出るにあたって、5000万円ものお金を徳洲会という医療法人から「借りていた」という問題で、2013年12月に辞任した人ですよ。


 それからまだ2年しか経っていません。


 ちなみに東京地検特捜部は公職選挙法違反で猪瀬氏を略式起訴し、裁判所は彼を罰金刑に処したので、猪瀬氏は規定で5年間の公民権停止になっています。


 公民権停止=選挙権も被選挙権も停止中の人に、大阪府氏の税金から顧問料を支払って、副首都化のための特別顧問になってもらうなんて、非常識もいいところでしょう。


猪瀬前都知事 5000万円は選挙資金で、収支報告書虚偽記載の公職選挙法違反 東電病院疑惑も








 


 


 おまけに、石原慎太郎都知事のもとで東京五輪招致運動を繰り広げていた2012年の段階からずっと、冒頭の画像のように


「40年前の施設をそのまま使うので世界一カネのかからない五輪」


と嘘八百を並べていたのが猪瀬氏です。


 この嘘は、五輪招致のプレゼンテーションまで続きました。


オリンピック運営費1兆8000億円!当初見込みの6倍で1兆3000億円以上の赤字に!→国民が負担!



 


 こんなウソつきで、無能な公民権停止中の人を大阪府市民の税金で雇う松井氏が、一番無能なんじゃないでしょうか。



おおさか維新 松井一郎大阪府知事の「飛び抜けた能力」が今ここに。


 


 



でも二人って何か似てるからww


大阪府市民にとっては、府市合わせて不幸せ。笑い事じゃないですよ。


よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村




Amazon 社会・政治・法律


Amazon Kindle ベストセラー


Amazon タイムセール商品



 


 















2020年 東京五輪の黒いカネ
一ノ宮 美成 (著), グループ・K21 (著)
宝島社

なぜか東京での開催が決まった2020年のオリンピック。多くの日本人が歓喜した開催決定だったが、別の意味で満面の笑みを浮かべた人々がいた。かつてバブルの時代の主役となった、既得権益に鋭い嗅覚を持つ政官財、そして暴力団の面々だ。世紀のイベントを追い風にばらまき公共事業にギアを入れた安倍内閣、石原都政のころから仕込まれていた東京再開発バブルのスキーム。巨額税金の巧妙なネコババ、否、還流のスキームがいよいよ発動されたのだ。本書は、「オリンピック万歳!」の熱狂にかき消されてしまい、普段なら底意地の悪い週刊誌から税金の無駄遣いに手厳しい共産党の機関紙「赤旗」まで、誰も書かなかった「2020年東京五輪」にうごめく税金喰いの正体を暴く! 五輪バブルの全貌と金脈の正体を明かす渾身の調査報道。

















「新国立」破綻の構図 当事者が語る内幕
日経アーキテクチャー
日経BP社

白紙撤回後の新計画に失敗の教訓を生かせるのか?

今世紀最大の国家プロジェクト問題の本質に迫る。劣化するものづくり日本現場からの警鐘。

















新国立競技場、何が問題か: オリンピックの17日間と神宮の杜の100年
槇 文彦 (著, 編集), 大野秀敏 (著, 編集)
平凡社

東京屈指を誇る外苑の、歴史的景観、市民の憩いの場は守られるのか。建築界・市民社会に大きな問題を投げかけた、槇文彦のエッセイ、それを論じたシンポジウムの全貌、論考を掲載。


 















異議あり! 新国立競技場――2020年オリンピックを市民の手に (岩波ブックレット)
森まゆみ 編
岩波書店


ずさんで不備の多いコンペから生じた新国立競技場建て替え計画問題。このまま計画案が進めば、神宮外苑の緑は奪われ、莫大な建設費や維持費のかかる巨大競技場が建ってしまう。そして 50年後、100年後の子孫への巨大なツケとなる……。いま私たちに何ができるのか。この問題を市民の目で見つめ直し、五輪と都市計画に市民が関わる道を探る。

















街場の五輪論
内田樹 (著), 小田嶋隆 (著), 平川克美 (著)
朝日新聞出版

2020年東京五輪に大いに異議あり! 今、ニッポンには夢ではなく、現実を直視する力が必要だ。

東京五輪開催によって日本社会のシステムの劣化と崩壊は加速する。「汚染水は完全にコントロールされている」「福島から250キロ離れた東京は安全」世界に向けて発信された、この国の欺瞞と思考停止。「被災地は捨てる」という本音。拝金主義の果ての特定秘密保護法。6年後に向けた憂鬱な、あまりに憂鬱な未来図を語りつくす。ネット中心に渦巻く「開催を喜ばない奴は非国民」の同調圧力に屈しない。「炭鉱のカナリア」の役目を引き受ける鼎談である。 

















国立競技場の100年: 明治神宮外苑から見る日本の近代スポーツ
後藤健生 著
ミネルヴァ書房

国立競技場はどのように生まれ変わり、その後、どのような歴史を辿っていくのか…。サッカージャーナリストの第一人者が問いかける力作、ついに刊行。




 




大阪府、市の特別顧問就任を受諾




 大阪府が、府と大阪市の特別顧問就任を打診していた東京都の猪瀬直樹・前知事が18日、就任を受諾したことが関係者への取材で分かった。28日に開かれる府市の協議組織「副首都推進本部」の初会合にも出席する。


 府幹部が18日、都内で猪瀬氏と面談して回答を得た。松井一郎知事(おおさか維新の会代表)らが目指す「大阪の副首都化」について助言する役割を担う。推進本部の初会合には特別顧問で作家の堺屋太一氏、上山信一・慶大教授らも出席する予定。【小山由宇】




 


2015.12.19 18:36 産経新聞


安倍首相と橋下氏が会談 憲法改正などで意見交換か 菅長官と松井代表も同席



安倍首相との会談のため、東京都内のホテルに入る橋下徹氏=19日午後





 安倍晋三首相は19日夜、都内のホテルの日本料理店で約8年間の政治活動を終えて引退した橋下徹前大阪市長と会談した。菅義偉官房長官とおおさか維新の会代表の松井一郎大阪府知事も同席した。4人の会談は6月14日以来。首相と橋下氏は双方が目指す憲法改正や、来年夏の参院選の連携などについて意見交換したとみられる。


 首相は会談前、記者団に「(橋下氏の)慰労会だ。『ご苦労さま』と言おうと思う」と述べた。関係者によると、会談は首相側が持ちかけたという。


 憲法改正について、橋下、松井両氏は参院選で自民、公明、おおさか維新の3党で改正の発議に必要な「3分の2以上」を確保すべきだと強調。橋下氏は「安倍首相にしかできない」と述べている。首相側には参院選を視野におおさか維新の協力を取り付けたいとの思惑もありそうだ。


 自民党推薦候補と橋下氏側が対決した11月の大阪ダブル選で、菅氏は中立の立場をとった。首相も大阪都構想に理解を示し、橋下氏らと気脈を通じてきた。首相は都構想が住民投票で否決された後の6月の会談で、引退を表明した橋下氏に政界復帰を期待する発言をしており、この日も話題に上ったとみられる。


 橋下氏は法律政策顧問として今後もおおさか維新に関与するが、党内には政界復帰への期待が大きい。首相が野党のトップと個別に会談するのは異例で、他の野党は「野党の分断工作」との懸念を強めそうだ。


 


 


よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村




Amazon 社会・政治・法律


Amazon Kindle ベストセラー


Amazon タイムセール商品


関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/2980-3f6a5782
該当の記事は見つかりませんでした。