Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

「従軍慰安婦問題」日韓政府最終合意。しかし道半ば。一番大切なのは元「慰安婦」の方々を癒すこと。

0   0


 


 日本と韓国の間で最大の懸案となっている慰安婦問題の決着を目指し、日韓外相同士の会談が28日午後に終わり、日韓双方が歩み寄る形で最終解決の合意が成りました。


 しかし、これはあくまで政府間の合意。


 この合意を、強制的に元「慰安婦」の方々に押し付けることはできないことを銘記すべきです。


 彼女たちが今回の合意を受け入れられるように、日韓政府が穏やかに、誠実に、心細やかな対処をするように要望します。


国家は個人の損害賠償請求権を放棄できない。日韓「従軍慰安婦」問題、解決間近か。



 


 外相会談で成立した最終合意では、韓国が求めていた総理からの元慰安婦への謝罪を巡って


「一、慰安婦問題は当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している。


 安倍首相は日本国首相として、改めて慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒やしがたい傷を負われた全ての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する。」


としています。


 日本軍の関与を認めており、また丁寧に謝罪しており、そこはとても安心しました。


 これは公式謝罪と言っていいでしょう。


 あとは、今はゴルフ三昧らしい安倍首相が、直接自分の口でどう語るか。


 そして、元「慰安婦」の方々へお届けすることになるであろう、謝罪のお手紙がどれだけ心を尽くしたものになるかが重要になってきます。


20151228183654aosipd6.jpg


20151228183711uoi7.jpg


20151228183717iuou8.jpg


 


 そして、元慰安婦への支援では、


『日本政府はこれまでも本問題に真摯(しんし)に取り組んできたところ、その経験に立って、今般日本政府の予算により、全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には、韓国政府が元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し、これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し、日韓両政府が協力し、全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。』


としており、元「慰安婦」の方々への支援を日韓政府が協力し、元慰安婦の支援を目的とする財団を韓国政府が設立し、これに日本政府の予算で10億円規模の資金を一括捻出することになりました。


20151228183721uyiy9.jpg


 


 さらに、日本側が求めていた慰安婦問題の「最終解決」の確約について、日韓の両外相は、


「最終的かつ不可逆的に、つまり再び元に戻らないように解決されることを確認する。今後、国際社会で互いに批判・非難することを控える」


としています。


 そして、日本が撤去を要求していたソウルの日本大使館前にある「少女の像」について、韓国側は、関連団体との協議などを通じて適切に解決されるよう努力すると表明しました。



 


 この「少女像」の問題については今日の午前中に、


「慰安婦」問題 不当な蒸し返しを繰り返してきたのは誰なのか。


という記事で書いたのですが、あくまでも、民間のものであって、国が強制的にどうこうできるものではありません。


 この点、韓国政府が必ず撤去するという合意をせず、


『韓国政府は、日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し、空間の安寧、威厳の維持といった観点から懸念しているという点を認知し、韓国政府としても可能な対応方法に対し、関連団体との協議等を通じて適切に解決されるよう努力する。』


として、適切な解決をするように努力する約束をするにとどめ、日本政府もそれに納得して合意したのは良かったです。





 それにしても、心が痛むのは、元「慰安婦」の方の一人の訴えです。


 韓国の聯合ニュースによると、「慰安婦」被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんは、韓国と日本政府が発表した旧日本軍の慰安婦問題の交渉妥結内容について、記者会見し、


「全部無視する」


「慰安婦被害女性のためを思ってくれていないようだ。われわれはそれに合意したことがない」


「われわれは金がないからこうしているわけではない。罪があるならその罪に対する公式賠償をすべきではないか」


と批判し、少女像の移転が検討されていることについては、


「何の権利で移すのか」


と日韓両政府を厳しく批判したそうです。


 一方、別の元「慰安婦」で「満足はできない」「政府の方針に従う」と述べた方を含め、少なくとも元「慰安婦」の方が誰も責められず、納得できて、穏やかかな余生を暮らせるように、再度、日韓政府の誠実な努力を要望して終わりたいと思います。



 


参考資料


デジタル記念館 慰安婦問題とアジア女性基金内の慰安婦関連歴史資料


[戦争犯罪][戦時性暴力]慰安婦・慰安所に関してオンラインで閲覧できる一次史料(追記あり)


 

関連記事


「従軍慰安婦」=戦時性奴隷 ここまで計20本


 















日本軍「慰安婦」制度とは何か (岩波ブックレット 784)
吉見義明
岩波書店

元日本軍「慰安婦」だった金学順さんが日本政府に謝罪と賠償を求めて名乗り出てから20年―「強制」ではなく「自由意志」だったとする声がいまだに多く聞 かれるのはなぜだろうか。「慰安婦」制度が軍によってつくられたことを、様々な史料を用いながら説明するとともに、被害者の名誉と尊厳の回復の必要性を訴える。


 















「慰安婦」・強制・性奴隷: あなたの疑問に答えます (Fight for Justice・ブックレット)
吉見 義明 (編集), 林 博史 (編集), 金 富子 (編集, 原著), 西野 瑠美子 (編集)
御茶の水書房

『朝日新聞』の誤報で日本軍「慰安婦」問題がねつ造されたの? 日本軍「慰安婦」は「公娼」だったの? 軍慰安所はどこの国にもあったの?23の問いについて、根拠を示しながら、明確に、わかりやすく解説します。「慰安婦」問題webサイトから生まれた決定版。歴史のねつ造にノー。緊急出版。

















「慰安婦」問題 すべての疑問に答えます。
アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam) (著)
合同出版

「慰安婦」問題ってなに? 軍は関与していなかったの? 強制連行はあったの? 証拠はあるの?
豊富な資料や証言をもとに、「慰安婦」問題を正しく読み解く。中学生から読める必携ガイドブック。


 















「慰安婦」・戦時性暴力の実態〈1〉日本・台湾・朝鮮編 (日本軍性奴隷制を裁く―2000年女性国際戦犯法廷の記録)
金 富子 (編集, 原著), 宋 連玉 (編集, 原著), VAWW‐NET Japan (編集)
緑風出版

本巻では、日本軍・国家システムおよび台湾・朝鮮の植民地支配との関係における「慰安婦」制度の加害構造を明らかにし、日本、台湾、朝鮮での個別のケースにおける加害の責任を検証する。被害の実態を中心に取り上げられてきた「慰安婦」問題を、加害の構造・実態に焦点をあてこれまでにない試みで分析する。





 


 


本当の意味で「祝!」の冠がついた表題の記事が書けますように。


よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村




Amazon 社会・政治・法律


Amazon Kindle ベストセラー


Amazon タイムセール商品


 


 


日韓共同記者発表全文



 岸田文雄外相と尹炳世韓国外相の共同記者発表の全文は次の通り。
 尹氏 本日、私は岸田外相と会談を開き、日本軍慰安婦被害者問題をはじめとする両国間の懸案および関心事について深みのある協議を持った。
 年末のお忙しい日程であるにもかかわらず、岸田外相におかれては、本日この会談のために訪韓してくださり感謝申し上げたい。皆さまもご承知の通り、韓国政府は韓日国交正常化50周年を迎え、両国間において核心的な過去の歴史懸案である日本軍慰安婦被害者問題の早急な解決のために積極的に努力してきた。
 特に11月2日の韓日首脳会談では、朴槿恵大統領と安倍晋三首相において、今年が韓日国交正常化50周年といった転換点に当たる年という点を念頭に置いて、なるべく早期に慰安婦被害者問題を妥結するための協議を加速化しようという政治的決断を下し、それ以降、局長レベル協議を中心として、この問題に対する両国間の協議を加速化してきた。
 昨日行った12回目の局長レベル協議を含め、これまでの両国間の多様なチャンネルを通じた協議の結果を土台に、本日、岸田外相と全力を尽くして協議した結果、両国が受け入れ得る内容の合意に達することができた。本日、この場でその結果を皆さまに発表する。
 まず日本政府を代表して、岸田外相から、本日の合意事項についての日本の立場をお話しいただき、その次に、韓国政府の立場について私が話す。
 岸田氏 まず、日韓国交正常化50周年の年の年末にソウルを訪問させていただき、尹外相との間で大変重要な日韓外相会談を開催できたことをうれしく思っている。
 日韓間の慰安婦問題については、これまで両国局長協議等において集中的に協議を行ってきた。その結果に基づき、日本政府として以下を申し述べる。
 一、慰安婦問題は当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感している。安倍首相は日本国首相として、改めて慰安婦としてあまたの苦痛を経験され、心身にわたり癒やしがたい傷を負われた全ての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを表明する。
 二、日本政府はこれまでも本問題に真摯(しんし)に取り組んできたところ、その経験に立って、今般日本政府の予算により、全ての元慰安婦の方々の心の傷を癒やす措置を講じる。具体的には、韓国政府が元慰安婦の方々の支援を目的とした財団を設立し、これに日本政府の予算で資金を一括で拠出し、日韓両政府が協力し、全ての元慰安婦の方々の名誉と尊厳の回復、心の傷の癒やしのための事業を行うこととする。
 三、日本政府は以上を表明するとともに、以上申し上げた措置を着実に実施するとの前提で、今回の発表によりこの問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。併せて、日本政府は韓国政府と共に、今後、国連等国際社会において、本問題について互いに非難、批判することを控える。
 なお、先ほど申し上げた予算措置については、規模としておおむね10億円程度となった。以上のことについては、日韓両首脳の指示に基づいて行ってきた協議の結果であり、これをもって日韓関係が新時代に入ることを確信している。
 尹氏 次は、本日の合意事項に対して韓国政府の立場について私より発表する。
 日本軍慰安婦被害者問題に対しては、これまで両国局長級協議などを通じて集中的に協議してきた。その結果に基づき、韓国政府として以下を表明する。
 一、韓国政府は日本政府の表明とこのたびの発表に至るまでの取り組みを評価し、日本政府が先に表明した措置を着実に実施されるとの前提で、このたびの発表を通じて、日本政府と共にこの問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。韓国政府は日本政府が実施する措置に協力する。
 二、韓国政府は、日本政府が在韓国日本大使館前の少女像に対し、空間の安寧、威厳の維持といった観点から懸念しているという点を認知し、韓国政府としても可能な対応方法に対し、関連団体との協議等を通じて適切に解決されるよう努力する。
 三、韓国政府はこのたびの日本政府が表明した措置が着実に実施されるとの前提で、日本政府と共に今後、国連など国際社会において本問題に対する相互非難、批判を自制する。
 以上をもって韓国政府の立場について申し上げた。
 韓日国交正常化50周年である今年が過ぎ去る前に、岸田外相と共にこれまで至難であった交渉にピリオドを打ち、本日この場で交渉の妥結宣言ができることを大変うれしく思う。
 今後、このたびの合意のフォローアップが着実に履行され、厳しい忍耐の歳月を耐えてこられた日本軍慰安婦被害者の方々の名誉と尊厳が回復され、心の傷が癒やされることを心より祈念する。
 同時に、韓日両国間で最も困難で厳しい過去の歴史、懸案であった日本軍慰安婦被害者問題交渉が仕上げられることをきっかけとして、新年において韓日両国が新しい心でもって新しい韓日関係を切り開いていけることを衷心より期待する。


(時事通信 2015/12/28-17:42)




岸田外相 「画期的な成果 日韓は新時代へ」


12月28日 17時31分 NHK



岸田外相 「画期的な成果 日韓は新時代へ」

 

岸田外務大臣は今回の日韓外相会談について、訪問先の韓国・ソウルで記者団に対し、「歴史的、画期的な成果であり、日韓関係は未来志向の新時代へと発展する」と述べ、成果を強調しました。

 

この中で、岸田大臣は「今回の合意により、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認した。このような合意ができたことは歴史的、画期的な成果であると考える。これにより、日韓関係は、未来志向の新時代へと発展すると考える」と述べました。


そのうえで、岸田大臣は、共同記者発表で慰安婦問題について「日本政府は責任を痛感している」と発言したことについて、「慰安婦問題は、当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であるということは従来から表明してきており、歴代内閣の立場を踏まえたものだ。これまで責任についての立場は日韓で異なってきたが、今回の合意で終止符を打った」と述べました。

また、韓国政府が設置する財団に、日本政府がおよそ10億円を一括して拠出し、元慰安婦の心の傷を癒すための事業を行うことについて、「日韓で協力して事業を行うもので『賠償』ではない。医療サービスの提供や、療養、介護支援などを考えているが、具体的には今後、両政府間で合意された内容の範囲で実施する」と述べました。

さらに、ソウルの日本大使館の前に設置された、慰安婦を象徴する少女像について、「韓国政府として適切に解決されるよう努力し、その結果、ソウルの日本大使館前から適切に移転されるものと認識している」と述べました。

このほか岸田大臣は、中国が慰安婦問題を巡る資料について、韓国などに呼びかけて共同でユネスコの「記憶遺産」への申請を検討していることについて、「韓国が申請に加わることはないと認識している」と述べました。

 

そして、岸田大臣は、記者団が「慰安婦問題は、これまで何度も韓国側に蒸し返されてきたが、今回の合意で本当に最後の解決になるのか」と質問したのに対し、「きょうの外相会談でも、ユン外相と膝詰めの協議を行い、直接、韓国政府としての確約を取り付けた。両国首脳間の合意であるということも強調したい」と述べました。



2015.12.28 17:14 産経新聞


【日韓外相会談】
元慰安婦「政府に従う」



共同記者発表を終え、握手する岸田外相(左)と韓国の尹炳世外相=28日、ソウルの韓国外務省(共同)





 【ソウル=藤本欣也】韓国の聯合ニュースによると日韓両政府による慰安婦問題の合意について、元慰安婦のユ・ヒナムさん(88)は28日、「お金の問題ではなく、満足できない」としながらも、「韓国政府が今年中に解決しようと努力してきたのを考えると、政府(が決めた通り)に従う」と語った。


 元慰安婦ら関係者の中には合意を非難する人も少なくなく、合意をめぐる立場は分かれているようだ。


 





 【ソウル時事】慰安婦問題をめぐる日韓合意について、元慰安婦の一人は28日、「満足していないが、政府の合意に従う」と述べた。 

[時事通信社]


 

 

 

2015.12.28 16:12 産経新聞

【日韓外相会談】
元慰安婦「すべて無視する」と反発



握手を交わす岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相=28日、ソウル(AP)




 【ソウル=藤本欣也】韓国の聯合ニュースによると、日韓両政府による慰安婦問題の合意について、元慰安婦の李ヨンスさん(87)は28日、「慰安婦被害者たちのために考えていないようだ」「(会談結果を)すべて無視する」と強い不満を表明した。


 元慰安婦が暮らす「ナヌムの家」の安信権(アン・シングォン)所長も「被害者たちを無視した政治的野合だ」と非難した。


 


 


元慰安婦女性「交渉結果、すべて無視する」=韓日合意に強い不満



【ソウル聯合ニュース】慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さんは28日、韓国と日本政府が発表した旧日本軍の慰安婦問題の交渉妥結内容について、「全部無視する」と強い不満を示した。


 李さんはソウル市内で行った会見で、「慰安婦被害女性のためを思ってくれていないようだ。われわれはそれに合意したことがない」と述べた。


 日本政府に対しては「補償ではない法的賠償をすべき」と重ねて強調し、補償と賠償には明確な差があると語気を強めた。


 日本側が10億円を拠出して被害者への支援財団を設立するとの計画についても、「われわれは金がないからこうしているわけではない。罪があるならその罪に対する公式賠償をすべきではないか」と拒否する姿勢を示した。


 ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦を象徴する少女像の移転が検討されていることについては、「何の権利で移すのか」と韓日両政府を厳しく批判した。


 一方、別の慰安婦被害者のユ・ヒナムさんは韓日外相会談の結果を受け、「政府の方針に従う」との立場を表明した。ただ、「満足はできない」と述べた。






 

 


日本「責任痛感」 韓国「不可逆的に解決」=慰安婦問題妥結


2015/12/28 17:03


【ソウル聯合ニュース】韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部長官と日本の岸田文雄外相は28日午後、ソウルの外交部で会談を行い、旧日本軍の慰安婦問題で最終妥結した。両国の最大の難題だった慰安婦問題に決着をつけたことになる。


 日本政府は慰安婦問題の責任を認め、安倍晋三首相が総理大臣として慰安婦被害者に「心からのおわびと反省の気持ちを表明する」とした。ただ、重要争点だった日本政府の法的責任の認定については、「責任を痛感する」とし、法的責任なのか、道義的責任なのかは明確にしなかった。被害者や関連団体の反発が予想される。


 また、慰安婦被害者を支援するための財団を韓国政府が設立し、日本側が10億円を拠出することにした。


 岸田外相は会談後の共同記者会見で、「慰安婦問題は当時の軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題で、かかる観点から日本政府は責任を痛感している」と述べた。また、「安倍内閣総理大臣は日本国の内閣総理大臣として、数多の苦痛を経験し、心身にわたり癒しがたい傷を負ったすべての方々に対し、心からのおわびと反省の気持ちを表明する」とした。日本政府はもちろん、安倍首相が総理大臣として慰安婦問題について責任を痛感し、謝罪したのは初めて。


 韓国政府が設立する財団に日本政府が予算を拠出することについて、韓国政府は日本側が措置を着実に実施することを前提とし、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と明らかにした。日本政府の予算拠出を前提に「解決された」ではなく「解決される」としたが、事実上、慰安婦問題の最終解決を確認したものといえる。


 韓国政府は日本側が撤去を求めているソウルの日本大使館前に設置された慰安婦被害者を象徴する少女像に関しては、「可能な対応方向について関連団体との協議を行うことなどを通じ、適切に解決されるよう努力する」との姿勢を示した。


 一方、両国は慰安婦問題について、今後、国際社会で互いに非難・批判することを控えることにした。ただ、韓国政府は日本側が表明した措置が着実に実施されることを前提とした。


 尹長官と岸田外相は会見でそれぞれ3項目の発表文を出した。合意は公式合意文ではなく、両氏が口頭で発表する形を取り、会見後に発表文を配布した。


会談後、共同記者会見する岸田外相(右)と尹長官=28日、ソウル(聯合ニュース)


会談後、共同記者会見する岸田外相(左)と尹長官=28日、ソウル(聯合ニュース)

















写真拡大
在韓日本大使館の前にある慰安婦平和碑(少女像)の手。両手を固く握っている。


  

 少女はソウル中学洞(チュンハクドン)日本大使館の前に座っている。悲しい表情、固く握った両手は怒りを帯びている。この慰安婦平和碑(少女像)は日帝強占期に慰安婦として強制動員された13歳の「朝鮮少女」を形象化した。日本政府の公式謝罪と賠償を望む生存女性46人を代弁する象徴物でもある。 

  「韓国政府が慰安婦問題交渉に進展がある場合、少女像を移転することを検討中」という報道が日本メディアから出た27日、慰安婦被害者は怒りを表した。「生きている被害者は少ないのに日本が少女像の移転などとんでもない話をすれば、交渉時間だけが長くなるだけだ」。金福善(キム・ボクソン)さん(83)は中央日報との電話でこのように話した。金さんは少女像よりも1歳低い12歳の時に慰安婦として動員された。金さんは「日本政府が(韓日外相会談で)謝罪からすることを望む」と付け加えた。 

  この日午後、京畿道広州(クァンジュ)の慰安婦被害者支援施設「ナヌムの家」では、慰安婦被害者6人が記者会見を開いた。この席でユ・ヒナムさん(88)は「少女像は国民が設置した慰安婦問題の象徴であり、政府も手をつけられないものだ。日本があれこれ持ち出す卑怯なことをこれ以上しないことを望む」と述べた。 

  韓国挺身隊問題対策協議会(挺身隊対策協)によると、挺身隊対策協が運営する施設に居住する金福童(キム・ボクドン)さん(89)は「少女像は過去にあった痛みを子孫が学び、二度とこういうことが生じないよう設置された」とし「慰安婦問題の解決と少女像の撤去は別のものだが、なぜ日本が繰り返し歴史を消せというのか分からない」と述べた。挺身隊対策協は前日、声明を出し、「平和碑(少女像)撤去要求は暴力的な試みであり、もう一つの障害物を作る」と主張した。 

  一方、日本政府に1億ウォン(約1000万円)の損害賠償金を求めて2013年8月にソウル中央地裁に調停申請をした金君子(キム・クンジャ)さん(90)ら10人は24日、裁判所に「調停をしない決定」をしてほしいという申請書を出したことが27日、確認された。「調停をしない決定」とは、裁判所が当事者間の合意を前提とする調停で解決するのに適当でないという判断を出すことをいう。この決定が下されれば調整申請日にすでに民事訴訟が提起されたと見なされる。金さんらがその間の訴訟に進展がないため調停でなく正式裁判が必要だという意向を明らかにしたのだ。



よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!


人気ブログランキングへ人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村




Amazon 社会・政治・法律


Amazon Kindle ベストセラー


Amazon タイムセール商品


 





関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/3014-31222492
該当の記事は見つかりませんでした。