Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

熊本の被災者の皆さまへ、災害弁護士津久井進氏から「家の被害状況が分かる写真等を撮っておくこと」。

4   0

くまもと4 

 2016年4月14日、熊本県を襲った九州最大の震度7の地震。

 犠牲者の方々に心からご冥福をお祈りしますとともに、被災者の方々の一刻も早い救出、救済をお祈り申し上げます。


 日本有数の災害弁護士津久井進さん(リンクは彼のツイッター。刻々と貴重な情報を出しておられるので、ぜひフォローをお勧めします)が、熊本に地震で被災された方々に緊急のお知らせをされていますので、うちのブログにも転載します。

 ご参考になさってください。


 また、全国の皆様、ぜひ拡散してください。


1 被災した方は,家の「被害状況が分かる写真等」を撮っておくことをお勧めします。
 罹災証明の即時発行が可能となります(益城町HPより)
http://www.town.mashiki.lg.jp/life/pub/Detail.aspx…


2 「災害救助法」に基づき,「避難所」や「食品・飲物」や「日用品」の支給があります。
 なお,国が自治体に補助する金額は,例えば食費は一人1日1080円と書いてありますが,状況次第でこれを上回る補助も出ます。言うまでもなく,お金よりも命が大切なので,自治体は弾力的運用に努め,被災者はニーズを出していきましょう。
http://www.bousai.go.jp/taisaku/kyuujo/pdf/siryo7.pdf


3 行政や医療,ボランティアの支援は,すぐにやってきます。
 不安だと思いますが「何とかなる」ことを信じましょう。
 地元としては,他からの支援の受入れ体制を準備する。それが被災した方々の早期の安心回復につながります。


4 益城町のHPには,水害用ハザードマップがあります。
  今回は地震ではありますが,避難所の位置などが一覧でき,役に立ちます。
http://www.town.mashiki.lg.jp/life/pub/Detail.aspx…


5 国が発行している「被災者支援に関する各種制度の概要」は,ここにあります。
 現在のところ最新版です(平成27年11月1日版)
 関係者の方々は,把握しておきましょう。
 http://www.bousai.go.jp/…/hisa…/pdf/kakusyuseido_tsuujou.pdf


6 地震被害を受けた住宅のローン(いわゆる二重ローン)等を減免するガイドラインがあります。
http://www.zenginkyo.or.jp/…/disaster_…/disaster-gl_leaf.pdf



 

大災害と法 (岩波新書)
津久井 進 (著)
岩波書店

地震、津波、台風、豪雨、噴火など、毎年のように日本列島を襲う大規模災害。なぜ国、自治体の対応は遅いのか。どうして被災者に救助の手が届かないのか。東日本大震災を経たいま、災害に関する複雑な法制度をわかり易く解説した上で、その限界を明らかにし、改善策を探る。被災者のために、法は何をなし得るのか。

 

Q&A 被災者生活再建支援法
津久井進
商事法務

自然災害で住宅が全壊等した被災者に対する公的給付制度について、被災者、法律実務家、行政担当者に向けて、Q&Aにより具体的に分かりやすく解説。実務家のこういう地道な努力こそが国民を救う。


 

災害復興とそのミッション―復興と憲法
片山 善博  (著), 津久井 進  (著)
クリエイツかもがわ

憲法違反とまでいわれながらも「住宅再建の支援策」を実施した片山善博鳥取県知事(当時・現在慶應義塾大学教授)が「ミッション」という視点から災害復興と憲法を論じる。若き法律家津久井進弁護士が憲法を再発見。


 

「災害救助法」徹底活用 (震災復興・原発震災提言シリーズ)
津久井 進 (著), 永井 幸寿  (著), 田中 健一 (著), 山崎 栄一  (著), 出口 俊一  (著)
クリエイツかもがわ

大災害のあとに適用される災害救助法。その理解と運用は災害対応の基本。

復興への重要な備え。被災者救助の徹底活用法と災害救助制度の課題をはじめて提起する画期的な最新刊。

 

 

この記事が被災者の方々に少しでもお役に立ちますように。

津久井さんはじめ、災害法律家の皆さん、頑張ってください!

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品



くまもと1 

今回の地震で熊本県内では、これまでに益城町と熊本市で合わせて9人の死亡が確認されました。また、NHKが県内の自治体に取材したところ、10の市町村で1000人余りがけがをしたということです。

熊本県警察本部によりますと、今回の地震で熊本県では、これまでに益城町と熊本市で合わせて9人が死亡しました。
警察によりますと、益城町で死亡が確認されたのは、広崎の伊藤俊明さん(61)、惣領の荒牧不二人さん(84)、安永の福本末子さん(54)、木山の村上ハナエさん(94)と村上正孝さん(61)、馬水の宮守陽子さん(55)、寺迫の富田知子さん(89)、それに熊本市東区の坂本龍也さん(29)です。
熊本市で死亡が確認されたのは、東区の松本由美子さん(68)です。
また、NHKが県内の45の自治体に取材したところ、午前11時現在、10の市町村で少なくとも1013人がけがをしたということです。
内訳は、益城町で400人以上、熊本市で573人、宇城市で24人、嘉島町で3人、八代市で4人、御船町で4人、氷川町で2人、大津町で1人、甲佐町で1人、それに南阿蘇村で1人となっています。
このほか住宅にも多数の被害が出ていて、それぞれの自治体が被害の確認を進めています。
また、熊本県によりますと、午前5時現在、県内の505の避難所に4万4449人が避難しているということです。




くまもと2 

14日夜、熊本県で震度7の激しい揺れを観測した地震について気象庁の青木元地震津波監視課長は午前10時半から記者会見を行いました。

このなかで青木課長は、午前10時までに震度1以上を観測する余震が123回発生していると説明したうえで「余震は引き続き余震域の全体で数多く発生している。これまでの地震で揺れが強かった地域では、周囲の状況をよく確認し、危険なところには近づかないようにするなどして身の安全を図ってほしい」と述べました。
そのうえで「発生直後に比べると、朝になってから余震が少なくなっているように感じられるかもしれないが、平成12年に起きた鳥取県西部地震などの過去の地震では、余震活動がいったん弱まったあと、また増えるという経過をたどった地震もある。余震はまだ続いているため、今後1週間ほどは震度6弱程度の揺れを観測する地震が起きるおそれがあり、余震に十分注意してほしい」と呼びかけました。



 

くまもと3 

 

14日から15日未明にかけて震度7や震度6強の地震が相次いだ熊本県では、その後も体に揺れを感じる余震とみられる地震が続いています。気象庁は今後も1週間程度は、激しい揺れを伴う余震のおそれがあるとして、壊れた建物など、危険な場所には絶対に近づかないよう呼びかけています。

気象庁によりますと14日夜9時26分ごろ、熊本県熊本地方の深さ11キロを震源とするマグニチュード6.5の地震があり、熊本県益城町で震度7の激しい揺れを観測しました。また、震度6弱の揺れを、熊本市の東区、西区、南区、玉名市、宇城市、西原村で、震度5強の揺れを熊本市の中央区、北区、菊池市、宇土市、合志市、美里町、大津町、菊陽町、御船町、山都町、氷川町で観測しました。また、熊本県と宮崎県の各地で震度5弱の揺れを観測しました。
熊本県ではその後、余震とみられる体に揺れを感じる地震が続いていて、15日午前0時すぎには、熊本地方の深さ10キロを震源とするマグニチュード6.4の地震で熊本県宇城市で震度6強を、熊本市南区や熊本県氷川町で震度6弱をそれぞれ観測しました。
また、午前5時10分ごろには、熊本県で震度4を観測する地震が起きています。
気象庁が午前6時現在でまとめた地震の回数は、最大震度7が1回、震度6強が1回、震度6弱が1回、震度5弱が2回、震度4が14回で、震度3から1を含めると体に揺れを感じる地震の回数は合わせて104回に上ります。
気象庁は、今後も1週間程度は、震度6弱程度の激しい揺れを伴う余震がおきるおそれがあるとして、これまでの揺れで壊れたり、傷んだりした建物や、崩れた崖など、危険な場所には絶対に近づかないよう呼びかけています。



 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、二つのランキング、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!


人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村ランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

関連記事

4 Comments

からしだね says..."最も大いなるもの"
ブログのお引越しをされてから初めてコメントさせていただきます。

まず何よりも、今回の熊本県地震でお亡くなりになられた方々のご冥福と、被災されたすべての方々に心よりお見舞い申し上げます。
今回の記事、被災された方たちにはとても有用な内容だと思います。
私はいまだに昔ながらの携帯で、通信専門に使っていてwebはパソコンでしか見ません。でも、いざという時のためにスマートフォンに変えておいた方が良いのかな、、、などと思ってしまいました。

地震、大雨、台風、、、災害は、本当に他人事ではありません。
被災された皆様には、1人で頑張ろうとせず、頼れるものは何でも頼ってください、と申し上げたいです。誰しもがお互い様です。そしてご自身を労わってあげてください。

さて、ここからは宮武さんに。
ブログも無事お引越しされ、新しいブログがパスワードを入力しないと見ることが出来ない?怪現象も収まったようで良かったです。
宮武さんのブログが狙い撃ちされたのは、それだけこちらのブログに力があるということでしょう。宮武さんにとってはストレスがたまる出来事でしたが、それだけ評価されている、ということだと思います。
固定ファンは何があってもついていくでしょうが、もっともっとたくさんの方に読んでいただきたいな、と思っていましたので少々心配もしておりました。

新しいブログ、まだ慣れていないせいもあってちょっと戸惑う面もあります。内容そのものではなく、レイアウトについて、私なりに評価してみました。

良くなった点
①新しい記事の一覧が見やすくなったと思います。
②記事そのものも、読みやすくなった気がします。
③コメントが入力しやすい。読者にとってはこれは大事です、コメント数がぐんと増えるかも知れませんね。
④プロフィールの宮武さんの顔が以前よりはっきり見えます。意外と!(いえいえ勿論当然)きれいなお顔立ちなんですねえ。以前のは小さすぎて、「よく食べる人なんだなあ。」という印象しかありませんでした。

検討していただきたい点
①(まだお引越しされたばかりだからかも知れませんが)以前よりレイアウトが真面目ですね。
以前の、季節に合わせたレイアウト(3月のお雛様とか)が好きでしたので、こちらでもしていただきたいな、と思います。特に最近の、画面全体が桜色だったのが好きでした。私は色では緑が一番好きなので、新緑の季節は若葉色!とかしていただきたいです。
②↓の「SUBMIT」はFC2さんのデフォルトですか?それなら仕方がないのですが、自分もカタカナ英語を使っていてこんなことを言うのもなんなのですが、SUBMIT = 投稿するってすぐに皆さんお分かりになりますか?
以前、「ゾーズフーキル」という海外ドラマがあって、しばらく考えないと「THOSE WHO KILL」という意味だということが解らなかった時のことを思い出しました。

私は言うべきことは率直に言うことが相手に対する誠実さだと考えています。きっとこれからも「ほとんどピンボケ・時々水を差す」コメントをすることになると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
宮武さんも、ご自身を大切になさりながら社会を明るく!愛でいっぱいの世の中になるためにご活躍ください。
2016.04.15 13:39 | URL | #- [edit]
バードストライク says..."阿蘇"
今回の記事は、弁護士徳岡先生ならではの、実用度高く時宜を得た記事だと思います。現地の方がたも、スマホが充電でき次第、役立てて下さるでしょう。

昨夜、「熊本で震度7」と聞いて、耳を疑いました。
震度7?!
そんな数値は、やたらめったら出るものではない。
阪神大震災、中越地震、東日本大震災、そして熊本地震・・・
20年で、4回。

震度7というスケール自体が1949年に制定された、歴史の浅いもののようだが、最近頻発しすぎる。怖い。

そしてこのエリア、ここ7、8年、毎年1度は遊びに行っている。阿蘇くまもと空港は、震源地の益城町にあるのだ。

羽田を飛び立って1時間、広々とした青い空、畑や牧草地や田んぼ、阿蘇の外輪山の、淡い若草色から黒々とした深緑までの様々なみどり色が視界に満ちて、ようやく深呼吸できる心地になる。体の細胞ひとつひとつが、喜びで目覚めていくようだ。
生きているんだ!
そんな気持ちにさせてくれる、素敵なところだ。

でも、もともとなのか、たまたまなのか、災害が頻発している気がする。
阿蘇山はぶすぶすと小さく大きく噴火を繰り返し、去年は竹田市(阿蘇山を超えて、大分県側)方面まで薄く灰が降ったし、2012年の九州北部豪雨災害の時は、阿蘇地方では地滑りによる死者が10名近くでたのではなかったか。
「あの日から、毎日喪服を脱げる日がありません(毎日のように、死者が発見されるので、お弔いがある)」
という地元の人の声が、痛ましかった。

今も車で走ると、山肌のあちこちに赤い土砂崩れの痕を見つけることができる。
本当にたくさんあるのだ。
火山岩組成の脆い大地と、断層が豊富なればこその豊かな湧き水は、恵みであると同時に、災厄ももたらすのだ。

週末、天気が崩れるとのこと。
これ以上の被害が広がらないことを、祈っています。
被災者の皆さんの生活が、早く落ち着きを取り戻しますように。
2016.04.15 19:40 | URL | #up5MtWps [edit]
とら猫イーチ says..."No title"
 地震と聞くと、阪神淡路の大地震を思います。 親父が亡くなった年でしたし、宝塚に住む妹一家が全滅する処でした。

 大地震の朝には、辺りが昼のように光ったそうです。 

 わが家に疎開した妹の子たちは、余震の度に震えました。

 それからこの国では、至るところで地震が続いています。 地震予知等は、全く出来ず、思ってもいなかった場所で大地震が起きています。

 当り前です。 地震の巣の上に住んでいるのですから、何時、何処で地震に襲われるか分かりません。 従って、被害を最小限にすべく、対策を練るしか方法がありません。 

 百年後の一度か二度、平均温度が上がろうが、下がろうが、どうでも良いことで、そもそも人間には如何ともし難いのです。 其れよりも、大地震等の自然災害が必然の国土にあって、被害を最小限にする努力が必要なのです。 

 この国の歴史を観れば、大地震に襲われた記録がいくらでもあることに気付きます。 それなのに、どうして対策を練らないのでしょうか。 例え、地震を予知出来得たとしても、被害を防ぐ手段を講じなければならないのは自明のことなのです。

 都市の災害予防を講じることが必要です。 第一には、袋小路のような道路を広げることが大事です。 消防車、救急車が入れない道では、何も出来ません。 そして消火栓の整備や防災用品の準備を行政、企業、個人も行うべきです。 

 また、規制緩和で、土木・建築の法令が改悪されていますが、防災の観点からは規制を強めることが肝要です。 

 海保の巡視船の相当部分を災害対応型にして、移動型病院、若しくは、災害救援基地とするのは島嶼国の日本では、実用的と思われますし、また、事実、阪神淡路大震災等でそのように巡視船の一部が運用された実績があります。

 馬鹿らしいCO2対策に巨費を投じて世界の笑いものになるより、国民が災害に遭った際に要するものへ国費を投じるべきではないのでしょうか。 
2016.04.15 22:48 | URL | #IDQLPpzQ [edit]
says..."承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2017.06.23 18:30 | | # [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/3338-e02f4836
該当の記事は見つかりませんでした。