FC2ブログ

Everyone says I love you !

新生!毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

ほんとなら今頃・・・

0   0


写真
 日本記者クラブで記者会見する「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」共同議長の川口順子元外相(中央)とオーストラリアのエバンズ元外相(左)=16日、東京・内幸町

 広島でICCND(核不拡散・核軍縮に関する国際委員会)とNGO連合代表者の会議に出て、明日は、NGOの集会に出るはずだったのですが、体調不良で早々とキャンセルしてしまいました。会議は苦手ですから、ちょうどよかったのですが。

 日豪の大物が参集した「賢人」会議ですが、NGOとしては少しも油断せず、怠りなく監視しているというわけです。

 だいたい、委員会の名前に廃絶の二文字がないですからね。さすが、日本政府肝いりの「賢人」たち。

 話は変わりますが、この度、国連総会に米国が日本らとともに核兵器廃絶決議案の共同提案者となったということです。史上初めてのことで、大変喜ばしい。大きな一歩です。

 けれど、アフガニスタンで戦線を拡大し続けるオバマ政権を、無条件に平和主義政権だと褒めちぎることは非現実的です。

 誰か個人を無条件に崇拝したり、宗教にのめりこんだり、ある政党やイデオロギーに熱狂したりしたら、それはそれで貴重で楽しい体験なのでしょうが、どうもポピュリズムとか全体主義とかいう言葉が頭を掠めて、シニカルな私は、根無し草のままでやっていくよりしょうがないようです。

 
中国新聞 10月17日 
 核廃絶への道筋を探る賢人会議「核不拡散・核軍縮に関する国際委員会」が、18日からの広島会合を前に作成した報告書最終草案の全容が16日、明らかになった。全世界に現在2万発以上ある核兵器を2025年までに千発以下とする野心的な目標を設定。同委員会は、年明けに正式な報告書を発表し「核なき世界」実現への工程表を提示、来年5月の核拡散防止条約(NPT)再検討会議の成功を後押ししたい考えだ。

 一方これまでの報告書案は、米国に核の「唯一の目的」を核戦争阻止に限定する新戦略を来春までに採るよう促したが、最終案はこの期限を12年に先送り。核の「先制不使用」政策採用も10年から25年に変更された。

 核廃絶の前段階として、核の政治的・軍事的役割の低下を図る具体的措置は後退したことになり、背景には「核の傘」弱体化を懸念する日本の抵抗があった。「核千発の世界」実現を疑問視する声もあり、20日までの会合の行方が注目される。

 共同通信が入手した報告書「核の脅威根絶」の最終草案は、12年までに達成する「短期的行動課題」として(1)米ロ両国の核削減(2)包括的核実験禁止条約(CTBT)の発効(3)核保有国が非核保有国を核攻撃しないとした「消極的安全保障」付与(4)多国間核軍縮交渉への土壌づくり―など核廃絶に向けた具体的なステップを明示。

 さらに、核保有国に「核保有の唯一の目的は自国と同盟国への核使用の抑止にある」と宣言するよう求めた。6月の前回会合時の草案は、NPT再検討会議までに、米国に率先して宣言するよう促していた。

 核廃絶に向けた「中期的行動課題(25年まで)」として、全世界の核兵器数を千発以下にすると明記。先制不使用に根差した核戦略を策定するよう核保有国に呼び掛け、核の開発・保有・使用を禁じた核兵器禁止条約の選択肢にも触れた。6月段階では、来年5月までに先制不使用の検討を表明するよう米国に求めていた。(共同)

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://raymiyatake.jp/tb.php/569-741c6356
該当の記事は見つかりませんでした。